佐治信忠の名言|粘り続けてやることも、ひとつの「やってみなはれ」

粘り続けてやることも、ひとつの「やってみなはれ」。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議、商談、視察などの社外交渉では、「相手の出方をうかがおう」という姿勢では、勝ちは取れません。探り合いや情報共有、社に持ち帰るといったプロセスは一切ムダ。勝負は、事前に相手の情報を調べ、複数の交渉手段を考えておく準備力で決まります。

酒巻久の名言|勝負は、事前に相手の情報を調べ、複数の交渉手段を考えておく準備力で決まる


以前現役だったころと比べれば、体力や回復力が落ちていることは、素直に認めなくてはなりません。だからこそ、無駄を削ぎ落とし、有効な練習法を考える必要があるのです。

伊達公子の名言|無駄を削ぎ落とし、有効な練習法を考える必要がある


なくしてはいけないムダの中でとくに意識してほしいのは、「新しいことへのチャレンジ」です。従来と違うことを試すと、結果が出なかったり、手間や時間が余計にかかったりします。でも、それは意味のあるムダですから、排除してはいけません。新しいことへの挑戦をやめるとマンネリや停滞を招き、モチベーションを低下させます。

猪瀬直樹の名言|「新しいことへのチャレンジ」は意味のあるムダ


去年、行き着いたひとつの答えは、プレッシャーを克服する方法なんて、結局はないんだということです。以前はプレッシャーがない普通の状態に近い自分をどうやって取り戻すことができるのか、そういう薬みたいなものを探していました。でも、そんなものはないんだというのが現段階での結論です。そう思えたことは大きいですよ。あるかもしれないと思っているのと、ないんだと割り切っているのとでは、プレッシャーに対する向き合い方はまったく違ってきますから。

鈴木一朗(イチロー)の名言・格言|プレッシャー対策は、プレッシャーを克服する方法はないと気づくこと


長生きの秘訣に食べ物のことを聞かれます。毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと。そしてできるだけゆっくり食べます。「人間は、一生の食べる量をご先祖から頂いて生まれてくる。それをどう食べつないでいくかは、その人間のありようで決まる」。私は祖母にこう教えられて育ちました。

園田天光光の名言|毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ