稲盛和夫の名言|人生というのは志で決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生というのは志で決まる。それを貫くだけの意志があれば。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

さまざまなタイプの営業を経験したことは、経営者となったいまも非常に役立っています。私の毎日は商談や交渉の連続ですが、相手がどんなタイプの方でも、すぐに相手に合った話し方ができる自信があります。それも、営業マン時代に多種多様な方々にお会いしたからです。

私たちはいつも企業理念の根本哲学である「人間愛」に立ち返る。長期的に自社の強みをさらに強くしていくために、変えてはならないものと変えるべきものを見極める必要がある。

私はNHKの新人記者時代、先輩記者の書いた原稿をペンでひたすら丸写しして、腕と頭に文体を覚えさせました。やがて、自信をもって原稿が書けるようになりました。

決算書にはすべて意味があって、社会人として2~3年働いていれば実感できるものです。たとえば「流動資産」とは1年以内に現金化する資産のことですが、在庫がなぜ流動資産かというと、在庫を1年以上持つと商売が危ないからです。ある程度社会人を経験した人なら、在庫を長期で抱えるのはよくないと納得しているので、流動資産の意味を伝えるだけであっという間にマスターできます。

自分の意見を「はい、わかりました」と無条件に受け入れ、実行する人を求めるトップもいるかもしれませんが、それは非常に危険です。もしそのトップが100%正しい判断をできる神様のような人なら別ですが、現実には難しいと思います。

売上高が確保できればそれでいいではないかという考え方もあると思います。しかし、私は利益率にこだわりたい。利益率は会社や事業に対する非常にフェアな評価であると思うからです。

営業で大切なのは訪問です。新規開拓なら、パンフレットを持って顔を出し、次にはサンプルを持参する。それを繰り返し、熱心な担当者が来たと認識してもらうことが大事です。逆に、長い時間をかける必要はないといえます。訪問を繰り返しているうちに、時間を取ってもらえるようになると同時に、店の課題も見えてきます。たとえばビールサーバーのメンテナンスに課題がある場合、清掃を頻繁に行うだけでも売上増につながるという提案が可能になるわけです。

ページの先頭へ