佐治信忠の名言|それぞれの事業が強くならなくてはダメ

酒類を中心とした総合食品メーカーであるからには、それぞれが強くならなくてはいけません。何かがカバーしてビールをやっているようではダメだ。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20代や30代なら、自分の出世や収入のためだけに頑張るのもよいでしょう。しかし、40代になっても自分の欲のためだけに働いているようでは、仮に出世できたとしても、人望や信頼という人間として最も大きな財産を失うことになるのではないでしょうか。

ゴールドマン時代の上司の「残業」も印象的でした。忙しい時期になると毎日残業続きになるのですが、この上司はどんなに忙しくても必ず夜中の2時に帰るのです。調子がいいからと2時過ぎまで残ることもなければ、今日は疲れたからと2時前に帰ることもなく、毎日キッカリ2時です。自分のバイオリズムを完全に把握していて、2時過ぎまで仕事をすると必要な睡眠時間が取れず、翌日の生産性が下がることを熟知していたのです。

ほとんどの営業マンは自分で思っているほどには営業にとって有効な活動に時間を割いていません。取引先に出かけるといってパチンコ屋に行ったりする営業マンは論外ですが、そういう意識的怠慢時間ではなくとも、本人や周囲がサボっていると認識していない、けれども無駄になっている結果的怠慢時間がとても多いのです。

私は仕事が大好きです。これ以上楽しいことはありません。それに、業界全体の質を良くしたいという使命感と、社員の生活を守りたいという責任感があります。

トライトンはいままでにないデザインで、新しいライフスタイルを提案したクルマです。我々は他社が手掛けていない、新しい市場にも挑戦していかなければなりません。
【覚書き|タイで発売した新型ピックアップトラックのトライトンについて語った言葉】

コンビニは「時間を買う店」だといわれてきました。最も伸長したのは、日本経済がバブルに向かっていく時期でした。つまり、日本人の多くが超多忙だった時代です。時間を省ける便利さで評価を集めたコンビニは、その後も、画一的で効率的な経営に力を入れてきました。現在でも競合企業の多くは、これまでの方向性を維持しようと考えているようです。しかし、効率を考えるだけでは挑戦は生まれません。どこかで行き詰ってしまいます。

学ぶ気迫をなくしたら、まったく未来はない。よく勉強会をもち、意見を率直に述べ合い、こまめにモチベーションをお互いに高めていく組織の人たちは着々と成果をあげている。

人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。

社員には「当事者意識を持て」と言っている。当事者意識を持った人は、たとえ失敗してもそこから多くを学ぶ。

変動費率が低い商品の方が値下げ余力があります。以前、マクドナルドは210円から100円へとハンバーガーの値下げを敢行しましたが、それを可能にしたのは原材料費(変動費)の低さでした。

右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。

株式を公開する準備をしていたとき、普通では考えられないほど大量の株の所有権を従業員に与えることにした。これは、彼らの仕事がいかに重要であるかを知ってもらうためだった。

やってみないうちから諦めるのかい?私たちは高い目標を持っているからこそ、これほど多くのことをやり遂げられるんだ。

ページの先頭へ