佐治信忠の名言|それぞれの事業が強くならなくてはダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒類を中心とした総合食品メーカーであるからには、それぞれが強くならなくてはいけません。何かがカバーしてビールをやっているようではダメだ。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社が親、社員が子であっても、親が一方的に子の面倒を見る時代は終わった。たいして成果を挙げられない、すねかじりの息子を会社は雇い続けるわけにはいかない。でも会社を儲けさせる孝行息子はいつまでも手元に置きたがるだろう。

アイデア次第でどんな取り組みもできることを楽しみ、空振りを恐れずバットを振り続けてほしい。

現実的で達成可能な最終目的を設定し、次に年単位の目標をマイルストーンとして設定し、さらに数カ月単位の目標、数週間単位の目標、今日の目標、と落とし込んでいきます。すると、今日何をすべきかが明確になり、選手たちに対しても、具体的な言葉で指示をすることが可能になります。選手の側も、「なぜそれを要求されているのか」を理解できますから、意識の共有もスムーズにできます。

駄目だといわれたけれど、それは私に対する批判ではなくて、純粋にビジネス的な見地から、こことここにリスクがあると指摘してくれたんだと冷静に考え、リスクを軽減することだけに意識を向ける。そしてそれをどうやって克服したらいいかという、前向きのエネルギーに変えていったんです。

去年と今年を変えない限り、会社は潰れると思って欲しい。

日次決算で社員のコスト意識が明確になる。

集中がよいか拡散がよいかという問題ではなく、両者の位相転換のタイミングを決める手がかりは何かという問題を真剣に考えること。ソニーは拡散から集中への位相転換をしているのに対し、シャープは集中から拡散の位相転換をしている。

私たちの活動は自己満足だけでは続きません。職員の中には、教育を学んできた者もいれば、一般企業から転職してきた人もいます。職員の背景が多様だからこそ、「カタリバのミッションは何か」を常に考え、話し合っていかないとサービスのクオリティが落ちてしまいます。

企業も同じだと思いますが、やはり組織が100年も続くというのは大変なことだと思います。企業に創業理念があるように、学校にも建学の精神があります。成城学園ではそれが100年経った現在まで脈々と受け継がれてきたことが大きかったと思います。

パラドックスは私たちが関心を持つ物事の多くを動かしています。パラドックスと矛盾はまったく違います。矛盾はそこで止まってしまいますが、パラドックスは前進し続けます。なぜなら、私たちが片方の側の真実を知るたびに、別の側の真実に背後から捕まえられるからです。

ページの先頭へ