佐治信忠の名言|それぞれの事業が強くならなくてはダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒類を中心とした総合食品メーカーであるからには、それぞれが強くならなくてはいけません。何かがカバーしてビールをやっているようではダメだ。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

こう言うと顰蹙を買うかもしれませんが、日本のインテリは答えのない議論が好きです。本や論文の末尾は「今後もこの問題を考えていきたい」という問題提起で終わっていることが多いのです。困ったことです。

私にしてみたらラーメンは初めての仕事ですから、マーケティングと調査に力を入れました。第1号店は調査のための店で、私が暮らしているマンションのフードコートに出しました。メニューも豚骨ラーメンだけに絞り込んで、どれくらい、お客さんが来るかを調べました。数字を把握したら、その店は閉めて、次は1万5000世帯のマンションの中に60席の店を出しました。すると、常時、500人から800人が入る繁盛店になったのです。

変化に対応すれば、新しい消費が生まれる。

そもそも本当に「英語ができない」のでしょうか。私たちの多くは、中高6年間は英語に触れ、基礎は身につけてきたはずです。実はそこで身につけた英語力は、思っているほど低くはないのです。たとえ、学生時代に勉強したことをほとんど忘れているとしても、一度覚えたことは完全に消え去ることはありません。ポイントを押さえて復習し、その上に新たな知識を加えていくことが、英語を短期間で、効率的に習得する近道なのです。

困難な目標を、戦略を立て、短期間で達成していく姿を見せることで、社員個人のチャレンジにつなげてもらいたい。

激しい業界の中で、ブランドイメージづくりは並大抵のことではできない。あらゆる機会に、できる限り努力を続けて、顧客の中に、多くの消費者の中に、ソニーファンづくりを努めてきた。広告の面でも、パブリシティ(広報)にも、またさまざまな企画の中にも、ソニーの歩みの中に貫いてきたスペシャリティ(専門性、特殊性)を活かすことに努めた。「専門メーカーとしてのソニー」「世界で最初の製品を作るソニー」「技術のソニー」。かくて、全世界にわたって、ソニー製品はハイクオリティ、ハイプライスの一流品であるというイメージの上に立つことができた。

個を認め合う。その前提として自分の個性をはっきり認識することは、これからは特に重要になると思います。世界の中で日本人はどんな個性が発揮できるのか、企業で言えば日本企業の価値を世界にどう示せるかという重いテーマです。

ページの先頭へ