佐治信忠の名言|それぞれの事業が強くならなくてはダメ

酒類を中心とした総合食品メーカーであるからには、それぞれが強くならなくてはいけません。何かがカバーしてビールをやっているようではダメだ。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事なことは、タブーを作らないこと。たとえ素晴らしいアイデアがあっても、最初からオペレーションや流通のことを考えてしまうと、現実に縛られてつまらない店になってしまう。

松村厚久の名言|大事なことは、タブーを作らないこと


ネガティブに考えるわけではなく、見極めが必要です。投資が必要なところには投資をしますが、投資をしたとしても回収できる見込みのある事業に行います。

作田久男の名言|回収できる見込みのある事業にのみ投資をする


余人をもって替えがたい人材の育成は、それはそれで重要であるが、部門が抱えているそのような人材こそ、部門を超えて異動させ研鑽を積ませることで、前任者以上の力を発揮することが多々ある。そういう人材は、どんなビジネスでもリーダーとして活躍する。

加藤進の名言|優秀な人材を部門が抱え込まないようにする


スタッフを焚きつけるためにどうするか。通常の予算や目標などの管理指標のほかに、ライバルホテルの運営状況を重要な指標として組み入れています。指標を意識するようになったスタッフは、ライバルホテルの状況をよく把握するようになり、当然、勝つためにはどうすればいいかも見えてきます。

星野佳路の名言|スタッフに競合他社との競争を意識させるには


我々がよく使う「危機感」と「危機意識」とは大きく異なる。危機感というのは、状況に対して不安を感じ、そのような状態を「いつまで我慢すればいいか」と考えるレベル。一方、危機意識というのは「自分は生き残れるか」と身の危険を感じるレベルである。だから危険を回避するための対策を必死で考えるのである。

吉川良三の名言|危機感と危機意識は大きく異なる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ