佐治信忠の名言|最高の状態でお届けしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカーですので、やはり消費者の嗜好にあったものを作るのが基本です。特に口に入るときに、最高の状態でお届けしたい。いくら工場からいいものが出ても、口に入るときに最高の状態でお飲みいただく、お食べいただくということがメーカーにとって一番大事なことだと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ハードは1日1日古くなります。サービスの質を1日1日上げていかなければ、我々のバリューは、トータルとして落ちてしまう。従って、サービスは日進月歩で良くしなければいけない。

コミュニケーションにおいて「文書(メールや配布資料)」と「会話」を適切に使い分けることも重要です。両者には、一長一短があります。たとえば、相手の熱意や本気度といった「気分的なもの」を探るには、メールは適しません。言葉の裏に隠された感情や真意を読み取るには、相手の表情や口調を見聞きしながら、直接会話をするのが手っ取り早いのです。

自分の仕事に対して、どれだけ知識を持ち、深く深くかかわっていけるのか。興味というのは、止まるところがありませんからどんなものでも奥が深い。ですから、何事にも興味を持つこと。これが一番。

僕は曲を仕上げるときの最後の最後、これとあれのどっちにしようという場面で、ミュージシャンに「どちらでも……」と言われると怒ってしまうんです。「いままで、お互いいろいろ言ったかもしれないけど、最後こそ、自分のワガママや伝え得たいことを通してくれよ!」と。それこそ、音楽の本質なのですから。

賢い質問とは、ひとことでいえば発見につながる質問です。単に自分の知らないことを質問するだけなら、それほど難しいことではありません。頭の良い人は、自分のわからないことを訊くというより、議論を前に進めるために、相手の賢い答えを引き出すような質問をします。

社会全体で大義を実現していくには、「面白い」「楽しい」「かっこいい」といった「共感」が必要。共感があって初めて、実行できる。

人生でも仕事でも、困難や悩み、苦労は必ずつきまといます。それがない世界を求めるのではなく、負けない心をつくることが本当の幸せなのだと考えて、日々仕事に打ち込んでいます。

どんな環境に置かれようとも、お客様に支持される商品を出していけば会社は成長できる。

相手に自分の言うことを理解してほしいなら、一方的に自分の思いを押し付けてはいけない。

リーダーシップを鍛えるには、厳しい課題を与え続けることが欠かせません。

ページの先頭へ