佐治信忠の名言|最高の状態でお届けしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカーですので、やはり消費者の嗜好にあったものを作るのが基本です。特に口に入るときに、最高の状態でお届けしたい。いくら工場からいいものが出ても、口に入るときに最高の状態でお飲みいただく、お食べいただくということがメーカーにとって一番大事なことだと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

銀行のように国債で儲けることも基本ありません。運用で利益を上げるのは邪道だと思うからです。マーケットは、地球上のほとんどの人が関わっています。みんながやるということは、結局、儲からないんです。だからサブプライムローンみたいなのに引っかかるわけです。

時代は大きく動いています。人も組織も、そしてテクノロジーも。ネットワンではお客様に最適なICT(情報コミュニケーション技術)とその利活用の手段を提供すべく、今後とも全力で走り続けるつもりです。

設備投資は、経営危機を引き起こす無謀な投資にならないよう、「売上予測表」を作り、「過去5年分の伸び率の平均」を見ます。それを基に今後3年間の売り上げを予測し、設備投資の金額を決めます。

高いモチベーションを保ち続けるためには、自分で「コントロールできること」と「コントロールできないこと」を、しっかりと分けることが不可欠です。双方を書き出し、コントロールできないと判断したものについては、「いまの仕事を続ける限り仕方がない」と考えて、受け入れましょう。変えられないものを変えようとすることほど、無駄な努力はないからです。

アメリカ法人の社長時代、自ら工場も設計も営業もサービスも全員集めてずっとしつこく、しつこく品質管理と生産性向上の重要性を説いていきました。そうすると、徐々に品質も良くなってくるし、生産性も良くなってくる。そうなると、フォローの風が吹いてきて業績も良くなり、黒字になりました。とことん話をしながらやってきたから、アメリカ人も信頼してついてきてくれた。

本当は誰でも光るものを持っているのだから、それを型にはめようとせず、自分で伸ばしていく姿勢が大切でしょう。たとえば、ひとつの分野に打ち込んでスペシャリストになってもいいし、総務的な仕事なら、コーディネート能力を突き詰めていく道もあります。

経営者が成長だけを求めると、組織の中に無理が生じてくる。

ページの先頭へ