大川隆法の名言|そもそも、決裁しなくてもよいようにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

今は、「いかに決裁速度を上げるか」ということに取り組んでいるのがふつうであり、さらには、「そもそも、決裁しなくてもよいようにする」という方向に時代は流れてきています。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまの時代は乱世ですから、不確実性や複雑さ、不安定さといった環境の中で新しい価値を創造していくリーダーが求められます。様々なストレスに対する耐性や、部下のモチベーションを高める力も必要です。私はそういうリーダーを数多く育てることが、結果として新たな事業や雇用の創出にもつながるとみています。

ダウやデュポンに規模の面で追いつくことは難しいが、これまで積み重ねてきた他社には真似できない技術力がある。これらの技術を積み重ねて製品に結び付けていく。

すべての人々は、自分以外の人間は皆死ぬものだと思っている。

プレゼンでは特別なことはしていないと思います。私がプレゼンテーションで意識しているのは、「目的」と「前提」です。プレゼンテーションというのは、何かの「目的」を達成するために行うのですから、まずはそれを明確にしておかなければなりません。また、どのように目的を達成するかは、「前提」次第で変わってきます。

上場すれば、いままでの家内事業的な企業から公の企業へと変わります。自分自身の襟を正さなくてはならない。それが企業にはプラスになるんです。いい意味での規律を持てますから。

大きなことなら起業や職職、小さなことなら仕事で新しいやり方を取り入れたり、新しい人とつき合ったり、新しい場所を訪問したりする。興味のあることは何でもやろうと思えばできるのです。

一度しかない人生だから、その人が持つ可能性を最大限に発揮してもらいたい。そのために、がんばった人が正当に評価される仕組みづくりをしてきたつもりです。

ページの先頭へ