大川隆法の名言|その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

究極の「タイムベース・マネジメント」は、「一日の苦労は一日にて足れり」ということです。「一日一生」という言葉がありますが、「その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう」ということです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「見たくない」「聞きたくない」ことだとしても、常に自分から情報を集める姿勢が、ミスを防ぐことにつながる。他人の仕事のアラ探しばかりではいけませんが、「仕事でミスが起こらないことの方がおかしい」と疑うぐらいがちょうどいい。

なぜ繊維事業を復活させることができたのか。振り返れば、経営者が常に現場に足を運び、事業課題を正確に把握していたから、と私は考えています。

本当によく知っているのは現場の従業員だけである。もし彼らが知っていることを聞き出さなければ、いずれ会社は大変なことになる。

小説家になろうと思ったのは、19歳のときです。「どんな職業でも、10年やって芽が出なかったら才能がない」という考えがあったので、30歳までというリミットを設定しました。

「いつまでに何をする」という期限付きの目標を立て、こなしていく癖がつけば、仕事にムダは生じにくい。必要なのは、まずは1日の計画を立てること。

アドラー心理学で重要視するのは「自己肯定感」や「自己受容感」。自分を受け入れ、いまの自分でOKだという気持ちです。自分はダメ人間だとか、価値がないと思っている人で、運が強いという人はいないでしょう?

部下の質問に対して必死に考えて答えます。いいかげんな答えは、その人をいいかげんに扱っているのと同じだからです。また、鋭い質問をしてくる部下は、それだけ会社や仕事のことを真剣に考えてくれているという証拠です。私には、それに真剣に答える義務があるのです。

ページの先頭へ