大川隆法の名言|その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう

究極の「タイムベース・マネジメント」は、「一日の苦労は一日にて足れり」ということです。「一日一生」という言葉がありますが、「その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう」ということです。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

丁寧につくられた野菜の力ってすごいんですよ。私自身、ベジタリアンとなってから、より健康になりましたし、アレルギーを持つお子様がオーガニック野菜中心の生活に変えて症状が治まった。なんて事例も珍しくありません。でも、残念なことに、子供だけでなく、野菜嫌いの大人も多いですよね。だから、野菜スイーツを通して、もっともっと野菜の魅力を伝えたいんです。

お客様に対する説明責任を果たすためには、自分たちで品質の管理、監査を行える体制や技術を持たなければなりません。我々自身が独自のチェック体制を敷き、そのためのノウハウを積み重ねてきたことは、いまになって大きな財産になっています。

硬い心より強いのは柔らかな心。その先にある、壊れるべき心がない「無我」の境地は、マインドフルネスの行きつく先。好きな仕事をしていて気がつくと何時間も経っているときがあるでしょう。それが、最も生産性の高い「無我」の状態です。

出逢いに偶然はない。やっぱりそれは出逢うべくして出逢っているんです。一途な夢と熱い行動力とが、いい出逢いを次々と引き寄せているんです。

脳は習慣次第で変わる。皆と同じことをしていたら、脳はずっと三流のまま。私は常に人と逆のことをやって脳を鍛えてきた。

会話の話題が見つからないとき、話のきっかけを見つける呪文をご紹介します。「木戸にたてかけし衣食住」。これは次のような言葉の頭文字をとったものです。(き)季節、(ど)道楽・趣味、(に)ニュース、(た)旅、(て)天気、(か)家庭・家族、(け)健康、(し)仕事、(衣食住)衣食住に関する話題。これらを覚えておけば、すぐに話のネタ探しに役立ちます。

ティーチングやアドバイスが有効に働く場面もあります。端的に答えを伝えたほうが、短期的にはスピードは速くなります。しかし、答えを自分のものにしていないため、部下の「指示待ち」をつくってしまい、長期的にはイノベーションや効率化を妨げます。

普通、現役で難しい手術をやっている外科医は、メディアには出られません。怖いからです。もし手術で失敗したら「テレビで偉そうなことを言っていたのに」と非難されますから。でも僕は出る。怖いからです。怖いからこそ、自分を追い込むために出るんです。

当社はもともと革新的な航空会社だったけれど、前社長のカリスマ性が強すぎて社員はイエスマンになっていた。クリエーティブな意見を引き出し、社内の風通しを良くしたいと思っています。私も社員との対話を重ねています。

独創性を出すことは容易ではありませんが、経営者としてできることはひとつです。それは才能豊かな若い社員にチャンスを与え、存分に燃えてもらうことです。弊社の柱であるコンピュータ事業を立ち上げたのは、池田敏雄氏をはじめとする当時20代の若手社員でした。

ページの先頭へ