大川隆法の名言|その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう

究極の「タイムベース・マネジメント」は、「一日の苦労は一日にて足れり」ということです。「一日一生」という言葉がありますが、「その日のうちにできることは、その日のうちに全部やってしまう」ということです。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

選手がどういう場所で生きてくるかを気づかせるのが監督の役目でもあるんです。監督業というのは「気づかせ業」だと思っています。気づかせることが「再生」なんです。南海時代、それまで1勝もしてなかったピッチャー3人をトレードで獲得して「俺が言うとおりに投げれば間違いない」と言って3人とも2ケタ勝利で優勝。それで再生工場というような異名がつけられたわけです。

野村克也の名言|監督業=気づかせ業


会社が倒産したとき、私は「とりあえず、1日、3度のメシが食えればいい」と目先の日標を立てるようにしていました。贅沢な暮らしをすぐに取り戻そうとしても、それはムリ。ムリをしようとすると、現実が重くなり、身動きが取れなくなる。

堀之内九一郎の名言|まずは目先の日標を立てる


最近は派遣社員や契約社員といった非正規雇用の社員が増えています。正社員とは違って、緊密な関係を築きづらいと感じている方も少なくないのではないでしょうか。つい、「ずっと一緒に働くわけではないのだから、無難にやりすごそう」と考えてしまう人も大勢いることでしょう。しかし、その場かぎりのことしか考えていないと、ほめても叱っても、相手に響くことはありません。

後田良輔の名言|その場かぎりのことしか考えていないと、ほめても叱っても、相手に響くことはない


社員のモチベーションを引き出すには、「認められたい!」「ほめられたい!」といった、人間の根源にある欲求を満たすこと。

成田靖也の名言|社員のモチベーションを引き出すには


今まで家に閉じこもっていた方が仲間と会って話をすることも大きい。今でも印象に残っているのは、元氣ジム1号店の大船の開所初日にいらっしやった方は、服装も何も構わないおじいちゃん、おばあちゃんばかりでした。それが半年経つと、ブランドのTシャツを着て、おばあちゃんは薄化粧して来ている。友達と会話して、できないことでも楽しくワイワイ言いながらやっている。

吉田正昭の名言|仲間と会って話をすることも大きい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ