稲盛和夫の名言|中途半端に支援したんでは、結果的には不親切になってしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

中途半端に支援したんでは、結果的には不親切になってしまう。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手としっかりとした対話や議論をするには、信頼関係の醸成も必要。特に利害の対立する相手と合意に至るには、何度か面会したり、ときには食事をして関係を深めることで、率直にものが言い合えるようになります。

私は人間として裏表なく誠実に生きて行きたい。だから自分から積極的に責任を取りに行き、お客様の期待を使命にかえて前へ前へ、上へ上へ踏み込んで来た。

やせたことで体調が良くなり、仕事がはかどるようになっただけでなく、何よりも大きかったのが、自分に自信がついたということ。周囲の視線が気にならないようになり、仕事や人間関係もうまくいくようになったのです。

商品開発に営業の人たちが最初から関わることで、顧客の声が商品に反映します。

長崎屋には私どもにはない生鮮食品にかかわるノウハウの蓄積があります。予定調和を打破し、創造的破壊をする。その創造的破壊の一端が、長崎屋の買収だったと思っています。

社員を働かそうとしないことが、働かせることだ。

結局のところ経営は、いかに社員に危機感を持たせるかということであって、経営者の役割は社員の危機意識をどう醸成するかという点に尽きる。経営といっても、現場で実行するのは社員なんです。

ページの先頭へ