大川隆法の名言|仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある

仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まずは自分が、世界最高峰リーグのスーパーラグビーに挑戦することで国内でのラグビーの認知度を上げたい。日本人選手が頑張っている姿を世界に見せたい。それが日本のラグビーのためになると考えて、ニュージーランドに渡りました。


井深大さんには「君は今、何をやっているの?」とよく話しかけられました。何気ないひと言ですが、そう言われると研究者はやる気になるんです。


この事業は間違いなく成長していくという予兆や萌芽を周囲に感じさせれば、予算も徐々に増えてきます。
【覚書き|池澤氏のフードテーマパークをつくる企画が否決されたとき、規模を縮小し小スペース低予算のミニイベントを開催させてほしいと頼み込み実現にこぎつける。そのイベントが成功し、フードテーマパークへと発展させることができた。そのときのことを振り返っての発言】


エキュートをどのように展開していくのかという「ストアコンセプト」を考えることに時間をかけています。例えば、大宮は「パークサイドマーケット」と設定し、駅そのものを一つの公園と見立て、その中にお店を集めることでお客様に気軽に散策していただきたいと考えました。また、品川では、ビジネス需要や年齢層の若いお客様が多いので「プレミアムプライベート」をストアコンセプトとしました。


仕事というのは、「これをやっても自分のキャリアのプラスにならないのではないか」と考え始めた途端、学べることがすべてストップしてしまう。これは本当にもったいないことです。


我々には移動通信を普及させる社会的な使命がある。我々はいうなれば、そのために選ばれたミッションを持った人間なのだ。


儲けそこなうのも損と同じくらいつらいので、株式投資をやめられません。どうせつらいなら、投資を続けた方がいい。僕にとって投資は金額の問題ではないんです。


私の言うことが180度変わったので、「では、過去の永守さんのやり方は間違っていたということですか」と聞いてくる人がいますが、間違っているはずがありません。極めて正しくやってきたからこそ、1兆円企業になれたのです。1兆円企業になり、10兆円企業を目指すからこその大改革なのです。

【覚え書き|長時間労働から残業ゼロに舵を切ったことについて】


目標を掲げても持続できない理由の一つは「自分の内なる声」を聞いていないこと。理想の自分像と現実の自分とのギャップに気がついていないのです。自分で自分を理解しなければ、足りないものに気づき、持続的に努力することはできません。


多くの家庭では出費を抑えるツボが間違っています。おかずを減らして食費を安く上げたり夫の小遣いを減らしたりして目先の細かな支出から抑えようとします。これは家族からの不満が出やすい抑え方。小遣いが減れば夫のやる気が損なわれ、医療費を削れば収入を支える自分たちの体を壊しかねません。逆に固定費から削っていけば生活レベルの低下を実感することなく、経営改善に取り組むことができます。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ