大川隆法の名言|仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

反骨心はとても大事。ビジネスではそれが強い競争力になる。真面目で優秀な人でも、強い反骨心を持った人に負けてしまうことが多々ある。

誰一人の例外なくハッピーにするサービスはありません。どのサービスもまずは、対象とする顧客を設定する。そこにすでに制限が生じているんです。野球が嫌いな人は、野球を見ないし、スタジアムを訪れることはほとんどありません。サービスとは、提供すべき顧客を選別することであり、それ以外は捨てることでもあるのです。

今の自分を受け入れることなく無理やりプラス思考に切り替えるのは、現実から目をそらすことと同じ。自分にウソをついているわけだから、どこか後ろめたい気持ちが残って、本当の意味で前向きになれない。

自分に風が吹いていないときは、風向きが変わるまでじっくり待つべき。大切なのは、風を待つ間の過ごし方。人には得意分野と苦手分野がありますが、待っている間は自分の苦手なものを無理に伸ばすより、得意なものを磨いたほうがいい。

私たちは皆、神の楽園に憧れています。でもじつは私たちは、いま置かれたところで楽園を味わうことができるのです。

入社して高砂工場の総務課に配属され、経理の仕事がおもしろそうだと思い、夜間学校に通いました。その努力を見てくれている人がいて、その後、経理畑を歩むことになりました。

電子データ、ビッグデータやITを突き詰めていけばいくほど、結局、人間的な力が重要になってくる。それが一番得意なのは日本人なのです。花から季節を感じる、庭や盆栽のような狭い空間で世界観を表わせる感性を持った人が、実はビッグデータや人工知能の世界では生きてくる。そこに自信を持って立つことができれば、世界と対等かそれ以上にいけるのではないか。

ページの先頭へ