大川隆法の名言|仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある

仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最初から、我々の目標は「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。

自分たちがやっていることは、前に向かうための作業なんだと分かると人の意欲は必ず高まる。

芸というのは、社会のゆとりで生かしてもらっていく世界。満遍なくみんなに心地よくなってもらって、生かしてもらわなきゃ。お客さんのゆとりを失わせちゃいけないの。見たくないなら、ムリして見なくていいですよって。寝ているなら、静かにやりますねって。

伝統的な江戸前ずしだけでは鮮度やバラエティー感を表現するのに限界があるため、オリジナルのネタも多い。銚子丸のメニュー数はグランドメニューと期間限定、日替わりメニューなどを合わせると常時100種類に上る。これも全て、お客様にワクワク感を持ってもらうための施策だ。

私は中学生の頃から「明日に依存すれば、空虚なる昨日を残す」という言葉を信条にしています。明日やろうと思ったら、もう駄目だという意味で、私の行動指針になっています。

超成長株の条件

  1. 私たちの生活を快適で楽しいものにすることに貢献している。
  2. 20年後、30年後にも必要であり続ける。
  3. その会社ならではの強味がある。
  4. 進化し続けるDNAがある。
  5. 高い理想に基づく明確なビジョンがある。

野球もエースだけではチームになりません。さらに選手と監督では求められる要素が違います。私は本田宗一郎氏もよく使われた「得手に帆をあげて」という言葉が好きで、個々人の得手(強み)を見出して活躍の場を与えるのが要諦と考えています。

商社マンという起業マインドに溢れた人たちと身近に接してきたことで自分自身の起業マインドも育まれてきた。

できれば「今日の大事な仕事」だけではなく、「明日の大事な仕事」や「1週間の大事な仕事」も把握しておきたいものです。今日の大事な仕事だけでは、毎日が自転車操業になってしまいます。せめて1週間のスパンで大事な仕事が何か分かっていれば、余裕をもって布石を打つことも可能です。これらをスケジュール帳に書き出して、目に見える形で把握しておくことが重要です。

本来、企業が果たすべき役割は、そもそもうつ病を発症しない職場環境の整備にあります。治療する手立てはあっても、完治するには時間がかかります。ですから企業は、うつ病を事前に予防するような職場環境を実現するために、いち早く手を打っておく必要があるのです。うつ病防止は会社にとっても本人にとっても幸せなことですから、企業は戦略的に資金を投じて従業員の健康管理を積極的に行う必要があります。

大変な思いをしましたが、自分に起きることはすべて、無駄にはなりません。大変な目に遭い、失敗や苦労を経験しても、それは必ず、後で役に立ちます。

上司に対しても、相手を観察し、その人となりを把握する。とくに、「どのようなコミュニケーションを好むのか」を知ることが重要。「報連相が大事」とはよく言われることですが、その方法は、上司がどんなコミュニケーションを好むかによって変わるからです。

あり得ないような可能性まで思い描き、対策を考え抜く。そうしなければこれからの安心は得られないということを肝に銘じるべき。

ページの先頭へ