大川隆法の名言|仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事というものは、必ず成果に結びつけてこそ意味がある。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえ二次情報をもとにしていても、見方を変えることでおもしろくなるんです。

私が自信を持って「ミドリムシで地球を救える」と言い続けられるのは、ミドリムシの可能性を見出だせたからです。そして、ミドリムシの可能性を見出だせたのは、腹を決めて、本気でミドリムシと向き合ったからです。

成功しない企画にこだわり続けてしまうと、全てを失ってしまいます。そのため、撤収の時期を間違えないことが大切です。

少しばかりカネができても、早く金持ちになろうとか、急に財産を殖やそうと焦るのは、たとえ一時の小成功を収めることはあっても必ず最後はつまずきを招くものである。よくよく注意しなければならない。

世間では当社のことをおもてなしの模範的企業と考えているらしく、「定着のノウハウを教えてほしい」というリクエストをいただく。しかし、秘策などない。長い年月が必要になってくる。

不思議なもので、お金というものは追うと逃げていくという性質があるようです。もちろん、年収3000万円になるといったビジョンを持つことは結構なのですが、お金を稼ぐことを直接の目的にしてしまうと、上手くいかないことが多いのです。

DNAを目覚めさせれば、どんな人でも、何歳からでも才能は開花します。しかも、創造力から語学、計数感覚まであらゆる能力を引き出せるのです。私は長年、ヒトのDNAを研究してきましたが、天才と凡人の差はわずか0.5%。ノーベル賞学者も普通のサラリーマンもほとんど変わりません。要は、OFFになっているDNAのスイッチをONにしてやればいいのです。

人様の物真似でなく、お客さんの声を聞き、社員が頑張って新しい業態を作ってきた。それがハード&グリーンです。

年収の高い人はToDoリスト作成が習慣になっているはずです。米国のアンケート調査では、毎日ToDoリストを作っている人は富裕層が81%、貧困層が9%と差が出ています。

米オラクルでグローバル事業を担当して、気になっていたのは日本法人の状況でした。10年前と売上構造があまり変わらず、データベース(DB)製品の売上高が突出している。北米や欧州などがDB事業に極度に頼る状況から抜け出している中、日本がこのままでいいのかという問題意識を持っていました。当時は自分が日本法人社長になると思ってもいませんでしたが。

ページの先頭へ