佐治信忠の名言|食品メーカーの宿命

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さまの求められているものを、求められている値段でおいしく提供するということしかない。これが食品メーカーの宿命。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若いころの業績は、イノベーションではなく、イミテーション(模倣)でいいと考えています。がむしゃらに前を向き、周囲の優れた事物に学びながらイミテーションを繰り返すことが、やがて独自のイノベーションの土台をつくるからです。

若い人に大きめの仕事を与えれば、その分奮闘し、結果として成長する。

経営者であれ、管理職であれ、「青春の心」がないリーダーには、人はついていきません。

資金がないと金を儲けられないという人は、たとえ資金があっても儲けることができない。だから、もし誰かを資金援助するなら、元手がなくてもやっていけると証明した人にした方がいい。

人生には一度か二度は、自分の進退を賭けた勝負をしなくてはいけない場面がある。

前もってこれを勉強しておけば仕事がうまくいく、なんてことはほとんどないですよね。仕事における勉強はテスト勉強とは違い、勉強というかたちを取らない勉強です。道のない森で迷いながら、進む方向を手探りで決めていくような状態です。ほかに方法がないのですから、試行錯誤をすることでしか答えは出ない。でもそれが、手がかりになることもある。ですから、何をしていても自己投資でない瞬間はない、と思うんです。たとえ目の前の仕事をこなすのに精一杯でも、なんとか逃げずに乗り切ることができたら、こんなに大きな自己投資はないのではないでしょうか。

すべてを得んとする者は、すべてを失う者である。

自分の仕事を数字に置き換えて棚卸ししてみてください。仕事のやり方はルーティンになりがちですが、数字で置き換えてみることで、仕事のやり方の無駄がわかり、とるべき方策も見えてきます。

最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。

真面目にコツコツ物を作り、地域に雇用とお金を落とすことを地味にやってきたので、完全に浸透しています。大げさにCSRを喧伝するのではなく、真面目に粛々とやっていくことが大切。

ページの先頭へ