佐治信忠の名言|食品メーカーの宿命

お客さまの求められているものを、求められている値段でおいしく提供するということしかない。これが食品メーカーの宿命。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切なことは自分が置かれた環境で、自分が最大限の努力ができているかどうかではないでしょうか。その気持ちさえあれば、その仕事を本当の天職に変えることもできるかもしれません。

宇治原史規の名言|いまの仕事を天職に変えるには


私は機会があれば何度でも経営方針の話をします。なぜなら、経営方針というものは、一度聞いただけでは分からず、何回も何十回も聞いて分かるものだからです。

高橋荒太郎の名言|経営方針というものは、一度聞いただけでは分からないもの


我々だって、もっと新しい車、もっといい車をつくるために、口では言えん苦労しとる。会社の名前や組織だけで売ろうとしても時代遅れだよ。

石田退三の名言|会社の名前や組織だけで売ろうとしても時代遅れ


僕が指導したフィギュアスケートの選手で、練習ではできるジャンプが本番で一度も跳べない子がいました。原因は反省のし過ぎ。だから、反省を止めて好きなように演技をするよう指導したら、次の大会で簡単に跳んでしまった。僕自身も、初めての講演会で拍手喝采を浴びるような話をしようと意気込んだら、上手く喋れずに落ち込んだ経験があります。しかし、他者からの評価で決まる目標や身の丈に合わない目標は、自己否定感を生む原因にしかならないんです。

森川陽太郎の名言|他者からの評価で決まる目標や身の丈に合わない目標は、自己否定感を生む原因にしかならない


経済が右肩上がりの時代と違って、値下げ戦略の有効性は薄れています。値下げをしてもいまさら新鮮さがないうえ、消費低迷下。量産で固定費を低くする量産効果が期待できないからです。むしろ、付加価値の高い商品を開発し、価格を高く設定する。そんなブランド戦略の方が、消費者にも新鮮で、社員の士気も上がるのではないだろうか。

田中靖浩の名言・格言|値下げよりも、ブランド戦略を


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ