白岩直人の名言|困難から逃げずに

このエントリーをはてなブックマークに追加

困難から逃げずに自分としてのベストのソリューションを見つけて、お客様のお役に少しでも立てるように解を見つけ続けたことが今につながっている。


白岩直人 の経歴

白岩直人、しらいわ・なおと。日本の経営者。「ジャパンインベストメントアドバイザー」社長。東京都出身。三和銀行、バンク・オブ・ザ・ウエスト日系企業部長などを経てジャパンインベストメントアドバイザー社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

不景気になって、収入も含めて変化があると、消費者は必ずお金の使い方を見直すフェーズに入ります。保険の掛け金であったり、車を買い換えるなら燃費の良い車にしよう、小型車にしようというようにです。そうした時に、選択肢として残ることが重要です。

券売機の前でうろうろしているお客様がいたら、「切符の買い方がわからないのかな」と気づき、聞かれる前に案内する。行動というシグナルにいかに気づくかが大事。

私はオン・オフは得意なほうで、普段から私は本番しか集中しないタイプ。重たい役をやっているからって、現場でずっと暗い顔をしているわけじゃないんです。引きずりながらも楽しく喋れるんですよ。

100年後にも人々に聴かれている音楽をつくること。自分を漱石と比較する気はないけれど、漱石が死んだ年をとっくに過ぎてしまったことに忸怩たる思いがある。

「着手時」と「期限」に比べ、折り返し地点のイメージを描く人は少ないものです。マラソンを思い浮かべた場合でも、スタートやゴールに比べると、折り返し地点の印象は薄いものです。しかし、折り返し地点はもっとも仕事が「乗っている」時期でもあります。そのときの自分をイメージすれば、モチベーションは上がるでしょう。

自分が何を求めるか、どのくらいの期間で、どの程度のリターンを追求するか、リスクをどこまで取れるか、などで投資スタイルは変わってくる。

変化の激しい時代ですから、いかに変わっていくかということが重要。ベンチャー企業は時代に合わせて変わっていかなければいけない。

小さいころ出来なかった分を取り戻す勢いで野球に熱中していますが、野球で体も心も少年に戻ることが健康の秘訣かもしれません。

数か月に及ぶプロジェクトを任されたときなどは、まずアクション項目と時間軸をまとめたTODOリストを作成するようにしていました。具体的には、最初の1か月は何をするか、次は……と考えていき、最終的には1週間単位でTODOを割り出します。こうすると仕事に追われる感がだいぶ減ります。

トヨタ自動車の、私が初代モデルを設計したセリカが好例です。スポーツタイプの車ですから室内はそんなに広くなくていいはずでしょう。でもお客さんに聞きに行くと「部屋がもう少し広ければね」とおっしゃる。市場の声を聞くほど、図体は大きく、150万円程度だった値段は250万円近くなり、ついに市場を失うという皮肉な結果になってしまいました。

ページの先頭へ