笠倉健司の名言|素直に他人の長所を評価し、活かすことが大事

有能な人の中には自分の能力に頼りすぎて、周りの人の力を十分に活かすことができない人もいます。しかし、集団の中でリーダー的な地位に立つ立派な人は、チームメンバーすべての人の能力を活かすことで、チームをよい方向に導きます。そのためには、自分にとらわれずに無心の境地になって素直に他人の長所を評価し、活かすことが大事なのだと思います。

笠倉健司 の経歴

笠倉健司、かさくら・けんじ。日本の公認会計士。早稲田大学第二文学部卒業。大学在学中に臨済宗円覚寺系統の人間禅道場に入門。卒業後、高校国語講師を経て公認会計士試験に合格。その後、あずさ監査法人、アーク監査法人などを経て有徳経営研究所を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「50人に1人が無料になるキャンペーンを開催中」というチラシを見て、あなたはどんな印象を抱きますか? 無料とか、確率とかそんなことはどうでもいいんです。大事なことは、この広告主の立場になって考えること。50人に1人は100人なら2人。つまり2%の割引に過ぎない。でも「割引2%」ではインパクトも何もないから50人に1人が無料、と言い換えているだけです。センスのある人はすぐに気づきます。

山田真哉の名言|広告を見たときは、広告主の立場になって考えてみることが大切


星野リゾートの各施設・各チームでは、しょっちゅう「事件」が起こっていて、この「事件が起こる」ということ自体が、私にとっては非常に大きな意味を持っているのです。ここでいう「事件」とは、組織内のコンフリクト(対立や葛藤)を意味します。では、それがなぜ、しょっちゅう起こるのか理由は、我々が完全にフラットな組織を志向しているからにほかなりません。星野リゾートらしさとは何かというと、それはこのフラットな組織に尽きるといってもいいでしょう。

星野佳路の名言|星野リゾートらしさとは何かというと、それはこのフラットな組織に尽きる


若い人は、もっと自分自身に期待していいんですよ。遠慮しないで自分に期待して、世の中を渡っていってほしい。日本を復興するのは年寄りじゃない。政治家でも、財界人でもない。復興の主役は若い人ですよ。

柳井正の名言・格言|若い人はもっと自分に期待していい


「こういうことをしたい」と自分の内から湧いてくる心の火を燃やし、「これぞ自分がやらなくて誰がやる」くらいの気概で情熱をかけていく。そうすると共鳴してくれる人が出てくる。人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくものではないでしょうか

堀田力の名言|人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくもの


位階勲等が上がるとか、大会社の社長になるとか、大金持ちになるとか、そういった中央でなければ得難いことや、私のような考え方では獲得の難しいことは捨ててしまわねばならぬことになる。私はそう思って、それらのすべての望みを捨てきってしまった。

岩切章太郎の名言|立身出世の道は捨てる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ