笠倉健司の名言|現在を精一杯生きることに人生の本当の価値がある

人間は常に自分の運命を生きているのであり、苦しみも悲しみも一回限りの大事な人生の欠かせない一コマといえるのではないでしょうか。苦労や努力の結果がどうであれ、運命を素直に受けとめて、現在を精一杯生きることに人生の本当の価値があり、その積み重ねで結果的に人として成長して人生もよい方向に開けていくのだと思います。

笠倉健司 の経歴

笠倉健司、かさくら・けんじ。日本の公認会計士。早稲田大学第二文学部卒業。大学在学中に臨済宗円覚寺系統の人間禅道場に入門。卒業後、高校国語講師を経て公認会計士試験に合格。その後、あずさ監査法人、アーク監査法人などを経て有徳経営研究所を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員にとっていい会社であるために、しまむらは自由と公平を大切にしています。パート社員を含めて約14000人の社員からは、毎年4000件を超える改善提案があります。雇用形態に関わらず、あらゆる社員が自由な発想で提案できる風土があります。

波乱の時代だからこそ、私たち一人ひとりが挑戦し続けることが重要。現状から目を背け、逃げたり、諦めたりしても何も始まらない。

労働とは最良のものでもあり、最悪のものでもある。自由な労働ならば最善のものであり、奴隷的な労働であれば、最悪のものである。

当社の設立はバブル景気の真っただ中です。新しい商品を作れば、どんどん売れる時代にこの事業を始めました。周囲からの理解は全く得られませんでしたが、当時は家庭に眠っているジュエリーがたくさんありました。この業界の未開拓分野であるリフォーム事業で先手を打てば、大きな市場を得られると考えたことも理由の一つです。

選手の査定では、評価項目をできるだけ細かく数値化しています。たとえば打者なら、打撃に関する項目だけでも30は下りません。細かいほど特定の人の主観を排除し、フェアネスを担保できると考えるからです。

お小遣いを稼ぐだけなら、アルバイトでもできます。しかし、アルバイトは誰かの考えたビジネスモデルの末端を担うだけです。週末起業をすれば、会社を辞めてもその経験や自分の会社が残ります。明日、自分の会社がどうなるか不確かな時代、キャリアにおいてもリスクを分散してはどうでしょうか。

限られた時間で読書から最大限の効果を生むためには、いまの自分に何が必要かを考えることだと思います。そこから導き出される本が本当に必要とする本です。

競争相手と自社を比べてみて、どちらが勝っているか。もし負けているところがあるなら、まずそこを補填してからでなければ、戦ってはいけません。

書くという行為は、入力作業に比べて複雑です。文章を構築し、書く文字を思い浮かべるまでは同じですが、手書きは、文字を手の動きに変換してペンを動かさなければなりません。脳の機能を多く使う手書きの方が、脳の領域を広く刺激するので、脳がより活性化すると考えられる。たとえば、昔のメモを読み返すと、それを書いた時に誰とどこにいたかまで思い出せるのは、活性化した脳が、その時の状況まで一緒に、記憶しているからです。

最初からフランチャイズありきではありませんでした。創業者の公文公が、この公文式学習法を1人でも多くの子供に伝えたいと模索した結果が、たまたまフランチャイズという方法だったのです。

ページの先頭へ