笠倉健司の名言|歴史的に評価が高い賢人の教えに学ぶのが基本的で確実な方法

「知恵」の力を磨くには、いろいろな方法があると思いますが、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言があるように、歴史的に評価が高い賢人の教えに学ぶのが基本的で確実な方法であろうと思います。環境は時代によって大きく変化しますが、人間の本質は簡単には変わらないからです。

笠倉健司 の経歴

笠倉健司、かさくら・けんじ。日本の公認会計士。早稲田大学第二文学部卒業。大学在学中に臨済宗円覚寺系統の人間禅道場に入門。卒業後、高校国語講師を経て公認会計士試験に合格。その後、あずさ監査法人、アーク監査法人などを経て有徳経営研究所を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やってきたことがいいか悪いかは、ダイソーが潰れるときにならんとわかりません。

矢野博丈の名言|最終的な結果はつぶれるときにならないとわからない


昔、ある社長に、「募金は自分の恵まれている状況に感謝し、人にお礼をすること」だと聞かされました。その習慣が身につけば、他人にも「何か役に立てることをしよう」という気持ちが自然と芽生えます。それが習慣化すれば打算なしに、行動できる人になります。コンビニのレジ前の募金箱に入れるだけでも十分ですよ。

小倉広の名言|募金を習慣化する利点


交渉に必要な資料を整えて、分かりやすく説明しているだけ。でも、資料なんてどれも大して変わらない。同じ資料であっても、どのように話すかで、結果が違ってきます。

久米一正の名言|どのように話すかで、結果が違ってくる


歴史からも学ぶことが出来ます。今、会社で起こっている問題は、過去の歴史のどこの場面に合致するか考えると、見えていないところが見えてきます。

宇佐美進典の名言|いまは過去の歴史のどこの場面に合致するか考えると、見えていないところが見えてくる


危機的状況になったとき「日本ATMの本当の実態はこうだ。このまま何もしないでいくと何年か後に必ず潰れてしまう。このタイミングこそ、新しい事業に社員も含めて変化をしなければならない。日本ATMをこのような会社にしたいんだ」と将来のビジョンとそこまでのステップを明確に説明しました。

中野裕の名言|社員に原状を伝えることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ