松下幸之助の名言|鳴かぬなら、それもまたよし、ホトトギス

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳴かぬなら、それもまたよし、ホトトギス。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個人は有限、会社は無限。未来永劫、永遠に生きながらえる会社であるために、私はここで身を引いた方がいいと考えました。社員は親離れをし、私も子離れをする。そうやって自立して生きていくことが、当社が100年、200年成長するための礎になると信じての決断です。

結果よりもプロセスの方に注目すると、結果が失敗に終わったときも、「決断の仕方のここが間違っていた」「決断までのプロセスは正しかった。今回は不運だった」などと冷静に考えられるようになり、めげなくなります。当然、決断をする回数も増えるので、その精度がどんどん上がっていきます。そういう意味で、「決断の結果ではなくプロセスに注目する」というのも、意思決定の質とスピードを高める重要なポイントといえるでしょう。

メンバーが間違った情報を正しいと思って行動してしまうことが、組織として最も避けねばならないこと。

よい整理とは、「効率化」という目的に適した環境をつくることであり、すべてのモノをすぐに取り出せるよう配置することです。

製油業は非常に投機的なものであり、大連には油房という製油工場みたいなものがたくさんあった。そこにいる連中はみな、油をタネに投機するのが主な目的で、油房は定期取引のバクチの補助機関のように聞いていた。私はこれではいかん、どうしても製油工業を投機から離して、工業本位に持っていかなくてはならないと考えた。そして原料を買ったら必ず製油する。製油した製品は必ず売るという根本方針で経営を始めた。

世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。

ある程度強く指示・命令をするときは、より強い意味の単語を選択するのではなく、できるだけ、丁寧かつやさしい表現にしたうえで、そうしてほしい「理由」を添えることで相手に適度なプレッシャーをかけることができます。日本のビジネスパーソンはこの理由を付けることを失念するか軽視することが多いように思います。丁寧さとプレッシャーを両立させる英文メールこそが人を自在に動かすのです。

諦めなければ、たどり着ける。

ビジネスの判断は、時間をかけて考えればいいとは限らない。むしろ、早く決めて早く取りかかった方が、途中で失敗に気づいた時も軌道修正しやすいといったメリットがある。逆に、熟慮している間にチャンスが逃げていくリスクだってある。

私も最初から勇気があったわけではありません。創業当初は、「これからどうなるんだろう」と心配でしたし、会社の成長過程でも、眠れない日や会社に行きたくない日はありました。でも、あるとき気付いたんです。傷を負った瞬間は、血が出て痛いんですが、長いスパンで見ると、すり傷だったりするんですよね。また、血は出たけど、前に進めたこともあります。こういう経験をするうちに、「このレベルなら、思い切ってやっても、大したことないや」と思えるようになりました。いまでは、転んですりむいた傷の数が、自分の勇気の大きさと思っています。

ページの先頭へ