佐治信忠の名言|自分だけでなく他人を含めた経験を糧にすることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分だけでなく他人を含めた経験を糧にすることが大事。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。

もともと、お笑いをやるときに金を儲けることがまったく頭になかった。ライブはギャラなんて出ませんでしたしね。面白いことをやってウケて、それだけで食っていけたら幸せ。それぐらいですよ。この仕事は金になるとか、ギャラがいくらだなんていまでも考えないです。

日本は全体に、つくることにおいて職人気質なので、ものすごく狭い了見にとらわれて技術自慢する。技術自慢で自己満足におちいっている。

たとえ何が起ころうと構わない。いま殺されてもいい。俺は人々のためにパフォーマンスをしているんだ。

恵比寿ガーデンプレイスができた時に、ここは収益源になると思っていましたし、実際そうなりました。今後とも付加価値を高めていきたいと考えています。とはいえ不動産事業にはリスクがつきものですし、他の不動産会社のような大規模開発は考えていません。

コンサルタント時代にクライアントの支出項目をチェックするうちに印刷業界の非効率性に気づき、なんとかこれを効率化する仕組みを作れないかと考えたのが起業のきっかけでした。

私は20~30代の人にリスクを過度に恐れず、目標に向かって積極的にチャレンジしてほしいと願っています。

ページの先頭へ