佐治信忠の名言|伝える努力をしていかないと伝わっていかない

継続は力なりで、ことあるごとに伝えていくしかない。伝える努力をしていかないと伝わっていかない。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これからはどんな大企業でも、経営がまずければバタバタ倒れていく。逆に無名でも、頑張り次第で一気にのし上がれる。だから株を買うにしても、もうブランド買いはやめた方がいい。きちんと経営内容を見ないと何が起こるかわかりません。逆にきちんと見極められれば大きなリターンになる。

澤上篤人の名言|きちんと経営内容を見ないと何が起こるかわからない


企業はこれから荒々しく、重力のように容赦のない環境で競争することになります。目先のコスト削減を優先し貴重な人材を手放してはいけません。いまこそ人材に投資すべきです。

ジェームズ・C・コリンズの名言|目先のコスト削減で人材を手放さない


以前IT系企業のシステム関係のプロジェクトを任されたことがあります。IT系には技術者が多く個人主義的な人が多い。どうしても職場が渇いた雰囲気になりがち。そこで小さなことでも「ありがとう」の言葉をかけ合うようにしました。最初は皆戸惑っていましたが、職場の雰囲気が変わり、モチベーションが高まった。結果として顧客からの評価もあがりました。

竹内義晴の名言|職場の雰囲気を良くするには


洗脳、抑圧に対抗するには、本を読んで教養をつけることが重要。相手が何をしようとしているのか、どんな方向に導こうとしているのかは、自分から積極的に考える姿勢がないとわかりません。

似鳥鶏の名言|積極的に考える姿勢が重要


資生堂の国内のブランド戦略が抱える問題は、同じ顧客ターゲットに対して複数のブランドがあるということだ。モノや情報が溢れる中で、商品を買ってもらうためには、価値観、年齢、ライフスタイル、収入などに応じて、その人にぴったりはまるものが必要になる。こうした属性に合わせて顧客の対象セグメントを作り直し、それに合うような形でブランドを再配置していく。

魚谷雅彦の名言|顧客ターゲットのセグメントを見直してブランドの再配置を


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ