佐治信忠の名言|伝える努力をしていかないと伝わっていかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

継続は力なりで、ことあるごとに伝えていくしかない。伝える努力をしていかないと伝わっていかない。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者というのは、専門性の高いひとつの職業ジャンルです。営業や開発といった機能別の仕事を長く続けたら、経営者のスキルが身につくと考えるのは間違いです。全く違う職業なのです。

学ぶテーマによっては、何をすれば基礎が身につくのかよくわからないと悩む人がいるかもしれません。その場合は、その分野のできる人に何をしているかを聞き、真似することをおすすめします。私も岩波新書を買いそろえ始めたのは、尊敬する先輩が実践していたからです。

役人をはじめとした、いわゆる「専門家」と称する人たちに制度設計を任せてしまったのが間違いものとだったと思います。国の将来を担う若者をどう育てるかという視点で、広く社会にもまれて生きる人々から意見を集めて制度をつくるべきだったのです。

仕事の地肩(じかた)がついていない段階で、自分探しなんてことはしない方がいいと思います。それから、適職診断などもあまりあてにしない方がいい。自分の可能性がどこで花開くかは、20代ではわかりません。あれやこれや、業種は職種で悩む暇があったら、目の前の仕事に徹底的に取り組むべきです。

規律を重んじることと、すべての選手たちと平等に接することを重視しています。もちろんベテラン選手や試合に多く出る選手と若手選手とでは指導の内容が異なりますが、気持ちとしては平等であることを心がけているのです。私自身も選手時代はそうでしたが、監督から平等に扱ってもらえると、選手は「この監督についていこう」と思えるものです。

この難局を突破するためには全員総力を結集しなければならぬ。そのためには相互の信頼が第一である。経営者が嘘を言うのが一番悪いから、会社の内容は一切真実を語ることをする。待遇も会社の基礎を危うくしない程度においてできるだけ良くするようにしたい。諸君も会社の実業をよく理解してほしい。
【覚書き|終戦直後社長就任のスピーチで】

せこいと思われるかもしれませんが、1円でも落ちていたら無視できません。マネーゲームみたいな感じでお金をとらえられたらカッコイイと思いますが、僕らは日銭商売なんで、お客様が差し出すシワシワになったお札を、両手を差し出して受け取るのが商売の基本なんです。

ページの先頭へ