佐治信忠の名言|当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ものすごく負けず嫌いな一方で、他人の長所は素直にリスペクトできるというか。学生のときもロクに勉強をしていなかったような自分に、人より優れたところがあるとしたら、そうやって人を巻き込み、チームの力を最大限に発揮させることかもしれませんね。

テレビはお客様からの要求が少ない商品になってしまいました。どこの製品でも映ればいいんだと言われてしまうと厳しい。要求の低い商品は我々は不得手ですから。

世阿弥は、観客がどれくらい入っているのか、舞台が野外なのか屋内なのかなど、あらゆる要素を頭の中に入れて、一番正しい高さで声を出せということを言っています。

向こうをどうこうしようという前に、自分を変えるほうがいい。何しろダダだもん。

私がベル・システムを選んだ理由の一つは、幹部育成プログラムが整備されていることだった。若手の幹部候補は、あらゆる部署を次々に体験できる。いわゆるアップ・オア・アウト(昇進か、転職か)で、能力を認められれば上へ行けるが、ダメだと判定されれば転職を促される。いいじゃないのと私は思った。いろいろな経験をして成長できる。何が好きなのかわかっていないのだから、たくさんの部門で働けるのは面白い。クビになる可能性は大いにありそうだけれど、貴重な経験だと思えば、それもよし。
【覚書き|ビジネススクール卒業後、ベルシステムに入社を決めた経緯を振り返っての発言】

今の若い人にはもう少し野心を持ってもらって、自分が本当はどんな人生を送りたいのか、考えてほしい。

「Start fast, fail fast」。最近、シリコンバレーで流行っている言葉です。つまり、早く起業して早く失敗すれば、取り返しのつかないような大きな痛手は無く、次回は成長して更に良い状況を生み出せるということを示唆しています。

ページの先頭へ