佐治信忠の名言|当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた

当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事をこなしているだけでは駄目です。仕事を楽しむことが必要です。そうすれば成果である商品も、他社とは違ったものになります。

年長者の言う通りに覚えて言う通りにやらないと「はみ出し者」と言われてしまう日本の社会全体を変えなければならない。

不安だからこそ、挑戦してみたい。「できるかどうか」が分からないから、ドキドキするし、面白く感じる。この不安を「よし、やってやるぞ」とエネルギーに変えることが重要。

大きな夢を持って努力せよ。努力は絶対に人を裏切らない。

若い人たちのために、庭師という職業の間口を広くしたいんです。必要なのは「心」であって、決まりの服装ではないということを伝えたくて。

【覚え書き|カジュアルな服装で作業をしていることについて】

ちっぽけな満足はすぐに弾ける。事業は大きくしなければいかん。より多くの人たちの幸せのために、人一倍努力しなさい。さらに高みを目指せば信用も自然と蓄積される。

目標を策定するプロセスに部下を参画させて、意見を聞きながら落としどころに持っていきます。そして、目標が定まったら目いっぱい任せる。こうすることで、部下は当事者意識を発揮して目標完遂へ全力で取り組んでくれるでしょう。

明治維新のような大改革がなぜ起こったかというと、「武士は偉くない」とみんなが気付いたからです。それまでは、武士は剣術の鍛錬をしていて、きちんとした学問も受けていて、伝統的な様式美も守っていたから偉い、立派だと思われていた。ところが黒船が来たときに、武士の剣術や学問は時代遅れのまったく役にものであることがわかってしまいました。

信頼というものが大前提となるビジネスの場では、人と人が向き合ってコミュニケーションをとる必要がある。その人間関係というのは、「自らがつくりだすもの」だということを知ってほしいです。どうすればいいのか。まずは、軽い挨拶から。そこから会話につなげて、共通の話題をつくっていくのです。

最大の特長は、貸しきりトラック輸送サービスにおいて、小口多頻度の輸送とジャストインタイムの納品を可能にしたことです。商品流通や部材調達の物流に対して、路線便とチャーター便の長所を融合したこのサービスを利用していただくことにより、在庫集積をとるか、タイムリーな納品をとるかというトレードオフ(二者択一)を解決する一つのカギになると思っています。

ページの先頭へ