佐治信忠の名言|当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた

当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スターバックスはアルバイトと社員全員をパートナーと呼び、アルバイトからの社員登用を積極的に進めるなど、正規と非正規社員との間に溝を設けていない。それにとどまらず、古株のアルバイトと新人の間の溝もほとんどつくっていない。同社ではおいしいコーヒーを入れる技術が何よりも重視される。おいしいコーヒーを入れられるよう努力を重ね、その結果ふさわしいスキルや知識を身につけることができる。


たとえば見込み客を何度も訪問しているのに、契約がとれずに悩んでいる営業マンがいるとします。どこかで見切りをつけるべきだと薄々気付いていても、そのタイミングがわからないからズルズルと訪問を繰り返して、他の優良な見込み客まで逃がしてしまいます。そんなときに、誰に何回訪問したかというデータと、契約率の因果関係を分析すれば、見切りどきがわかって、自分の行動を変えられるはずです。


小売業の基本的・普遍的な要素は「立地」「商品」「サービス」の掛け算で決まる。新しい商品やサービスを生み出し、現場力を上げ、魅力ある売り場を提案していけば、お客様はついてきてくれる。


ページの先頭へ