桜井正光の名言 格言|ビジョンを社員全員で共有し、即行動の文化を根付かせる

ビジョンを全社員で共有し、社員一人一人がそのビジョン達成のために頑張ることです。ファイヤー(構える前に撃て)文化が社内に根付き、常にお客様からも新しい価値を提供し続ける企業として評価を受ける会社にならなければいけません。そうすれば、その企業の未来は決して暗くない。そのような企業が多く出てくれば、日本の未来もまた明るくなるはずです。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく「起業したい」という相談を受けますが、起業以降の具体的な目標や計画の有無で、起業自体が成功するかどうかも変わる。

自分自身が大したことがない人間なら、周囲にはろくでもない人ばかりが集まってくる。同じ性格の人が引き合うからだ。ダメな上司のところには、ダメな部下ばかり集まってくる。人当たりのいい経営者のところには、やはり人当たりのいい人材が集まる。人に恵まれないと嘆くのなら、まずは自分自身を変える努力をすればいい。あなたが魅力的になっていけば、どんどん魅力的な人が集まってくる。

上司や年配の人と話す場で、空気を読みすぎないこと。芯を曲げず、言うべきことは主張しましょう。

私は、あなたが正しい手段で手にした資産を捨てろとは言わない。しかしその資産は、決してあなた自身のものではない。それは人々のために役立てることができるように、あなたに一時的に預けられているものだ。そのことを忘れてはならない。

経営改革では、目に映るものから変えていくことも大事です。
【覚書き|トラックの車体に絵を描いたり、事務用品をはじめ様々なものをコーポレートカラーの鮮やかなグリーンに統一したことについて語った言葉】

顧客が一番何を喜ぶかという感動の座標軸を考えます。するとそれは「自分のためにここまで考え、ここまでやってくれるのか」ということだとわかります。これはマニュアルや集団研修では教えられない各人の感性や人間性の部分。そこを磨く「自律型感動人間」の育成に全精力の半分以上を割いてきました。

金は世界経済、政治を映す鏡とも言われます。儲けようと考えるのではなく、自分の見識を広げるくらいの気持ちで始めてはどうでしょうか。資産として買うのはもちろんですが、世界の見方が広がる、これこそがまさに財産だと思います。

米国はまだシェアが低く、競争力強化は道半ばですが、1兆から2兆円をかけて強引に先行企業を買収しても成功するとは思えません。力を入れる領域で買収は続けますが、尺取虫のように時間をかけて、人を育てながらきちんとやっていきます。

人脈はいわば仕事における肥料であって、肥料だけで芽は出ない。種は自分で作らなければならない。

自分の考えや思いを素直に表すとき注意したいのは、相手の立場を考えるということです。自分の意見を主張するときも、「私が、私が」と叫ぶのではなく、相手の立場や周囲の空気を読みながら発言する。有能な人は、これができているのです。

ページの先頭へ