佐治信忠の名言|経営者は勘を磨くことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

職場という公共のスペースでは、「自分は無駄が好きなんだ」というわがままは許されない。片づけは良くも悪くも伝染するからだ。職場の「基準」は部門長のデスク周りである。「部長の机がグチャグチャなのだから自分も大丈夫」という暗黙の了解が蔓延する事態は避けねばならない。

僕は1980年代に米ハーバード大学院でMBAを取得したが、いまだったら間違いなくアジアに飛び出しただろう。今後中国が力をつけていくのは間違いないので、北京か上海に留学する。そして中国語を勉強し、中国人の友人をつくって中国人のものの見方や考え方を学ぶ。そうすれば、その後どんなビジネスをやるにしても必ず役立つはずだ。

効率を少々犠牲にしても、面白い人材を育成しようともっと努力すべきです。社員に個性がないことを嘆く前に、まずは会社がリスクを取って、社員を信じて、任せる。それをして初めて、社員はその信頼に応えようと成長するのです。

株価が暴落したとき、多くの投資家が真っ青になって売っている。だから、株価は安いに決まっている。投資は安く買うのが基本のはずなのに、誰も買えない。一度試しに、もう「ダマされた」と思って買ってみよう。怖いもの知らずで、買ってみるのだ。何も考えなくていい。ただ応援しようという気持ちだけで。とにかくほんのちょっと買ってみなよ。買ったら、分かる。暴落相場はそう長く続かない。そのうち、株式市場に落ち着きが戻ってくる。すると、暴落時に買っておいた株は「あれっ、こんなにも上がるの?」と驚くほどに上昇しているはず。そこから先は、どこで売っても利益が出る。

好奇心は僕にとって自分を動かすエンジンのようなもの。どこへ向かうか、舵を切るハンドルの役割が直感。

他局で放送しているものを含め、すべてのクイズ番組について、構成から視聴率まで、あらゆるデータを集めて分析したんです。なぜこの番組は当たっていて、こちらは当たっていないのか、そうやって理論付けしたうえで、自社のクイズ番組を作る場合の長所や短所も示しました。そして上司に日本テレビで新しいクイズ番組を始めるならこうすべきと縷々(るる)と説明しました。
【覚書き|入社翌年に「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」の企画を通したときのことを振り返っての発言】

中央進出の野望はありません。僕はこれからも面白い番組をつくり続けていきたい。それには東京より、情報やしがらみに縛られずのびのびとやれる地方の方が、絶対にやりやすい。それに、面白ければ地方でつくっても全国の人が注目してくれるということがわかったので、東京に行く必要性は感じません。これからも面白い番組づくりはこうやるんだというのを、こちらから東京に向かって発信していくつもりです。

ページの先頭へ