佐治信忠の名言|経営者は勘を磨くことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

初めて会った人と話をしていて、引き込まれるのはどんなときでしょうか、そのひとつが、相手が特定の分野に精通していると思えた瞬間、つまり「ある業界で働く専門家」として認識したときだと思います。ビジネスマンは、専門性を間われない場合も多いかもしれませんが、自分の将来を見据えつつ、得意分野をひとつ探して、徐々に知識を集めましょう。

良い事と悪い事があるのが人生ですが、実は悪い事というのはなく、すべては良い事に向かうために必要なプロセスだと考えています。

私は不安な性格で、いつかは飽きられるという、もやもやした気持ちをずっと抱えています。自分では「不安経営」と呼んでいますが、日々このままじゃいけないという思いで経営しています。

立派な宿泊施設は、客室係の良質なサービスを引き立たせる舞台装置になる。施設がオンボロで使い勝手が悪くては、どんなに素晴らしい接客を提供してもお客様に満足してはいただけません。

時には勢いがあり、その勢いに逆らうと何もできなくなります。そして、時に弾みがつくと、意外なスピードで世の中は変化していきます。私はこうした時の特性を軽視しない方がいいと考えています。

2008年のリーマン・ショック。世界経済に大混乱を来し、日本電産も直後には減収減益を余儀なくされた。だが私たちはこの危機に即刻立ち向かい、早くも10年度には過去最高益を達成した。製造工程のムダ取りなどの構造改革を徹底し、会社の体質改善を進めたからだ。

私にとって仕事は楽しみだ。義務と思ったことは一度もない。自分が楽しいと思ったことをさせてもらったので義務ではない。人間にとって、考えながら働くことほど楽しいことはない。楽しいから疲れるわけがない。

「柔よく剛を制す」という言葉に代表されるように、昔は技術力で相手を制することができましたが、ルール変更や体格の違いなどがあって、今はなかなかそうはいかない。「柔剛一体」。つまり技術を使うのにも、体力がまず必要なのです。日本柔道の一番のストロングポイントは間違いなく技術力にあります。絶対に負けない技術を持ちつつ、その技術を最大限生かすことができる体力をいかにつけていくか。ここを目標に1つずつ取り組んできました。

上場企業の経営者になったからといって、とくにいいことはありませんが、大企業の経営者や著名な学者、有能なコンサルタントに簡単に会えるのはありがたいことです。私はそうした機会を通じて知識を吸収してきました。

僕自身は、仕事を「すぐやろう」と意識したことはないんです。すぐやる理由は単純で、そうしないと日々の仕事があふれてしまうから。

ページの先頭へ