佐治信忠の名言|成功するまで続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

当社の緑茶も、ずっと失敗の連続で、「伊右衛門」というヒット商品ができるまでに十年以上かかりました。これも、失敗しても成功するまで続けた例だと思います。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

月に一度、若手社員10人ぐらいとお弁当を食べながら議論をしたのですが、必ず出てきたのが、「ソニーは自由闊達な会社だと思って入ったが、自分は素晴らしいアイデアを持っているのに、それをどこに持っていっていいのか分からない。上司に言っても、『今そんなことしている場合ではないだろう』とか、『それはお前の仕事じゃない』と言われる」という声でした。そういう思いが社内にマグマのようにたまってきていた。そこでアイデアを評価して、いいものはブラッシュアップして商品化するメカニズムをつくらなければいけない、ということで始めたのがSAP(新規事業創出プログラム)です。

事例やエピソードに依存した文章を書く人は、口舌の徒にすぎません。その場しのぎにならないように、まずは揺るぎない本論を立て、効果的な事例をひとつふたつ添える程度にした方が、本当の意味で説得力を持つはずです。

数字の効力を意識すれば、たとえば誇大広告の数字のマジックなども見破ることができます。見かけの数字に惑わされず、冷静な判断を下す。「表現としての数字」は、人を説得する場面だけでなく、物事を判断する際にも、ビジネスパーソンの強い味方となってくれるでしょう。

20~30代は、良くも悪くも様々な「クセ」がつきます。この時期に大事なのは、仕事や人生に役立つ「良いクセ」をつけること。クセ付けができれば、どんなことも楽にできるようになります。

株価が50%下落してもパニックに陥らないこと。そういうときにこそ、ありがたく買うこと。

やる気のない者は言われた通りにしか動かない。うちの秘書を見ても、私が指示したことをちゃんとやる人はいるが、それ以上のことをするかどうかは、その人の将来を大きく左右すると思う。

父親を専属のトレーナーにして、「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」という条件付きで横浜の大橋ボクシングジムに入門しました。だって、弱い相手と戦ってもしょうがないじゃないですか。強い相手と戦うことで、自分も成長できるし……。何よりも、試合内容で会場を盛り上げていけるような選手になっていきたかったんですよ。

日々の仕事では、小さな夢で成功体験を重ねていく。例えば何か失敗して落ち込んでいるときなら、「次は必ず成功する」ではなく、まず「落ち込みから復帰する」という夢でいい。これなら誰でもできますよね。

たとえ少ない知識でも、自分が知識として持っていることを喜ぶべきです。それは、あなたが自分の人生から得た、純金にも勝る貴重な宝なのですから。

伝統工芸を守るためには、ビジネスとして利益の出る仕組みを整えることが大切。優れた技術を海外に発信できる人材が求められている。

ページの先頭へ