佐治信忠の名言|やらざるの罪

このエントリーをはてなブックマークに追加

父(佐治敬三)は、「理屈を言わずに、まずはやってみなはれ」とよく言っていました。やらざるの罪といいますか、やったほうがいいと思っているのにやらないのはよくない。失敗しても真剣に取り組んだのなら、それでよろしいということです。それに、少々失敗には目をつぶって思い切ってやらせないと、この精神はなかなか定着しないと思うんです。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は20代の頃、同世代のベンチャー社長と交流を深く持っていました。当時、彼らがリスクを取って起業して頑張っている様子を見ていて、自然と私も起業したいと考えるようになった。

ここで、他社のあとを追って値上げしたら、ホンダはあたりまえの企業でしかなくなる。値上げしないことを社長が決断し、新聞社に発表したならば、ホンダという会社は異色だというイメージを与えるだろうし、日本経済のインフレ・ムードに水を差すことにもなるだろう。だから、資材の購入も安定した価格で入れることができるだろう。
【覚書き|オイルショック時に他社が値上げする中、値上げしないことを決めたことについて語った言葉】

自分の思いが一番大切だと思います。起業なんて急いでする必要は無いですし、起業したいのに、周りの環境や体裁を気にして我慢するのもナンセンスだと思います。「思い立ったが吉日」です。

マーケティングとは、顧客の問題を解決すること。だからこそ、「問題の本質は何か」「なぜ、そうなのか」を問い続けることが大切。そこが明らかになって初めて、本当の解決策が見えてくる。

ひと昔前までは銀行に追いつこうと躍起になっていました。しかし、我々と銀行とでは規模も成り立ちも違います。株式会社である銀行にはできない、地域密着を極めたことをやる、そのためのまちづくり推進室であり、生き残りを賭けた挑戦でもありました。

同じ失敗でも、名声追求の過程で失敗した人と自己実現の過程で失敗した人では、その失敗によって被る心の傷がまったく違います。名声追求の過程で失敗した人にとって、その失敗は心理的に痛手ですが、自己実現の過程で失敗した人にとって、失敗はたんなる一つの体験にすぎないのです。「現実と接する」この一点を守ることで解決する悩みはたくさんあります。

いままでの日本の教育は、表面現象にとらわれてきたのではないでしょうか。そうじゃなくて、もっと本質論でやるべきだと僕は思います。

ページの先頭へ