佐治信忠の名言|やらざるの罪

父(佐治敬三)は、「理屈を言わずに、まずはやってみなはれ」とよく言っていました。やらざるの罪といいますか、やったほうがいいと思っているのにやらないのはよくない。失敗しても真剣に取り組んだのなら、それでよろしいということです。それに、少々失敗には目をつぶって思い切ってやらせないと、この精神はなかなか定着しないと思うんです。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

朝ドラのオーディションには2度落ちていたので、縁がないと思っていたのですが、マネージャーさんに「もう1回だけ、受けてみよう」と言われ、最後の機会のつもりで『ちりとてちん』のオーディションを受けました。このオーディションで、私に生まれて初めての感情がわき出てきました。「もし、この役を他の人が演じているのを見たら、私はすごくヤキモチを焼くだろう。私は、この役をどうしてもやりたい!」と。最終オーディションに臨む頃には、受からなかったときのことを考えなくなっていました。

貫地谷しほりの名言|最終オーディションに臨む頃には、受からなかったときのことを考えなくなっていた


「会社の成長とは事業の成長にあり、事業の成長とは個人の成長」だと考えています。個人が成長しなくても事業を成長させるやり方はあると思うのですが、そうはしたくありません。

宇佐美進典の名言|会社の成長とは事業の成長、事業の成長とは個人の成長


我々は常に他社にないものをとり入れてきました。街づくりや1軒の住宅でも「住んで、買って、よかった」と思っていただけるもの、振り返った時に価値が上がるような案件やサービスを目指しています。たとえば戸建住宅の「かし保証」サービスは2011年に当社が日本で初めて導入し今では業界標準になっています。

北見尚之の名言|常に他社にないものをとり入れる


どの投資家も、自分がよく理解しているものに投資すべきだ。私や他の人の意見を聞くべきではない。意見を言っているのが、日本経済新聞の紙面やテレビ東京の番組に登場している専門家やニュースキャスターであってもだ。

ジム・ロジャーズの名言|私や他の人の意見を聞くべきではない


私はただ教えるだけでなく、自分でやってみせます。だから手は大きいですよ。

永田照喜治の名言|教えるだけでなくやってみせる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ