佐治信忠の名言|危機意識を持たせるために冒険する

このエントリーをはてなブックマークに追加

当社が戦後発売したウイスキーは「トリス」「オールド」「ローヤル」と、どれも非常に売れて、社内には安泰ムードが漂っていました。ビール進出という冒険に出たのには、社内に危機感を持たそうという狙いもあったと思います。赤字も大きかったが、とにかく、あの時ビールに挑戦したからこそ今のサントリーがあります。ウイスキーだけをやっていたら、今頃この会社はないかもしれません。その意味で、ビール進出は当社にとって大きな決断だったと思いますね。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

うちのお客さんに限らず、どんな人でもコミュニティ、すなわち「よいつながり」がほしいと思っているはずだ。いくらネットが普及して便利になっても、人と人とのつながりがない生活はさびしいものだから。その点、うちのお客さんたちはサトーカメラに来ることで、もともと趣味ではなかった写真を趣味にして、みんなで一緒に楽しむことができるようになった。我々は、そういうコミュニティをつくることができたと思う。

西郷隆盛は男盛りの20代から30代に、2度も島流しにあっています。しかし、彼は投げやりにならず、勉強と思索に打ち込みました。結果、維新という偉業をやり遂げたのです。

プロだから、野球の技術を磨くのは当然のこと。だけど、でも野球しか取り柄がない人間にはなりたくない。

大企業も最初から大企業だったわけではありません。中堅企業として成長し、もしくはリスクを取って挑戦して大企業になった。この中堅企業を育てていくという発想が日本の経済をドライブする上で、とても大切だと思います。

部下に「上司との実力差が大きい」と思われるのは、実はあまりいいことではありません。上司だって不確かなまま指示を出すことがあるのに、部下はそれを疑いもせず実行に移してしまいかねないからです。これは危険です。

発明が出来る人は仕事を愛している人。情熱を燃やしている人。

小型車のターゲットとなる新しいお客様との接点の拡大には、プレッシャーフリーの環境でクルマに触れていただくことがどうしても必要だと考えたのです。普通のショールームだと、外から見てちょっとカッコいいクルマだなと思って店内に入っても、すぐにセールスマンが寄ってきてセールストークを始めるので、「うっ」となるでしょう。
【覚書き|カフェやレストランを併設したショールームをつくった理由についての発言】

上司の状況を考慮せずに話す提案やアイデアは、それがどんなに優れていても通りづらいもの。

完ぺき主義から脱するには、ベストではなくベターな目標にした方がいいでしょう。たとえ100点でなくても、90点ならば十分に優秀で周りからも評価されます。そのように発想を変えれば、足りない10点が気にならなくなります。

多くの人が数字に強くなりたいと思いつつ、勉強に挫折してしまうのは、数字に興味が持てないからです。しかし、毎日の仕事に役立つとなれば、興味を持って勉強できるはずです。

ページの先頭へ