佐治信忠の名言|チャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いている

父(佐治敬三)が、静養していた祖父(鳥井信治郎)の枕元で「ビール事業に進出したい」と決意を打ち明けた時、祖父は「やってみなはれ」とつぶやいたそうです。そのチャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いています。

佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そもそも、会社にとって「本当のお客」は誰か。もしかしたら、本当のお客さんは、目の前の相手ではない場合もあるんです。僕が若いころ、紳士服の生地を海外から輸入する仕事をしていた時代、テーラー(仕立て屋)さんが、帝国ホテルで展示会を開いたんです。紳士服の展示だから、当然、会場に足を運んでくるのは男ばかりだと思っていました。ところが、現場に行くと、奥さんや娘さんが大勢いたんです。「お父さん、これいいわね」なんてね。そこから僕は、紳士服の生地の本当のお客は女性じゃないか、ということを知ったわけです。

岡藤正広の名言・格言|本当のお客は、自分たちの想定と違う場合もある


リーダーシップを鍛えるには、厳しい課題を与え続けることが欠かせません。

カルロス・ゴーンの名言|リーダーシップを鍛えるには


決算書は5分で読み切ります。提出された書類を見て、すぐさま「ここは間違っているよ」と指摘します。数字を頭だけで見るのではなく、仕事を通じて得た実感で見るから、ここはちょっと変だと感じ取れるのです。儲かったか儲かってないか、どこに金が、どれだけあるか。もっと在庫は少ないはずだ、現金・預金の数字が少なすぎる……などと私が指摘すると、発送済み商品を在庫にしたままでしたとか、保証金をまだ返却してもらっていませんでしたなどと、決算書類の間違いが判明します。

木村清の名言|数字を頭だけで見るのではなく、仕事を通じて得た実感で見る


「きむらはいつ仕事しているのか」と思われているようですが、あえて言えば、いつでも仕事をしています。私はメモ魔で会話や作品のアイデアなど、思い浮かんだらその場ですぐに書き留めます。

木村裕一の名言|いつでも仕事をしている


予想よりも時間がかかったときのことを考え、あえて予定を入れない日も作り、余裕を設けることも大事です。

美崎栄一郎の名言|スケジュールには余裕が必要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ