佐治信忠の名言|チャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いている

このエントリーをはてなブックマークに追加

父(佐治敬三)が、静養していた祖父(鳥井信治郎)の枕元で「ビール事業に進出したい」と決意を打ち明けた時、祖父は「やってみなはれ」とつぶやいたそうです。そのチャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いています。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

重要なのは日常のコミュニケーション。社内のコミュニケーションがないと、業績も人の心も悪い方向へ進んでしまう。

「経験を生かそう」とすればするほど、失敗する確率が高まる。ビジネスはそう簡単に過去の経験が生きるほど甘くはない。

「ヤマダ電機の社員でよかった」という誇りを持つ社員を1人でも多く育てること。そして、周囲の方から「さすがヤマダ電機の人ですね。違いますね」といわれるような人間を育てていくことが重要じゃないかと思います。我々専門量販店で大事なことは、やはり接客なんです。お客様は商品を買いにきますけれども、人を通じて商品を買うということが基本ですので、教育に最大の力を注いでいかなければと思っています。

新たなセグメントが消費者に浸透するまでには、10年単位の時間が必要。しかし、焦っても仕方がない。

都市から離れた地域にもネットへの快適な接続環境を提供する衛星通信会社に、私は個人的に出資している。都市部ならケーブルを通すのが一番経済的だが、人口密度の低い田舎ではケーブルは経済的ではない。低軌道衛星を使えば、地球のどこからでもケーブルと同じような高速の接続が可能になる。マイクロソフトの事業はそうしたものを提供することではないし、ケーブル網や通信企業を買収する気もない。それは、我々の専門ではないからだ。だが、それを推進するための支援は惜しまないつもりだ。

職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。

私は一度離れて冷静に見つめ直すことを心がけている。いったん「こうだ」と判断したことであっても、逆に否定してみる。それでもその考えが正しいとなれば実行する。

ページの先頭へ