佐治信忠の名言|チャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いている

このエントリーをはてなブックマークに追加

父(佐治敬三)が、静養していた祖父(鳥井信治郎)の枕元で「ビール事業に進出したい」と決意を打ち明けた時、祖父は「やってみなはれ」とつぶやいたそうです。そのチャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いています。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

以前は、東京でいろんな仕事をして、そのやり方を北海道でも活かしたいと思ったりしていたんですが、最近ではローカルのつくり方も、それはそれで面白いと思うようになりました。

東京進出をいまは考えていません。まず名古屋で働きたいという人が一定数以上いますし、名古屋には当社のような会社が他にないので、自然と人材が集まってきます。採用面でものすごく有利なのです。

「タイムマネジメントが上手いのは、どんな人?」と尋ねられたら、「仕事に無駄がなく、効率的に進めることができる人」といった答えを思いつく人が多いと思います。しかし、無駄をなくそうと思っても、何が無駄な仕事で、何がそうではないのかが判断できない人は少なくありません。大事な仕事が何なのかがハッキリしていないからです。外してはならない大事なことがわかっていないと、何を省いていいかもわかるはずはありません。

顧客と直接会って話せば、必ず何かを学べる。何か新しい知識が得られる。実際に何が起きているのかを知りたかったら、現場に行かなければ駄目だ。本社から離れれば離れるほど、現場の事実に近づくことができる。

目指すのは「グローバルなIoT(モノのインターネット)企業」。先週、総務省の「第41回家電メーカー懇親会」という会議で、私はパナソニックの津賀(一宏社長)さんに「この会議の名前は正しいのでしょうか」と聞いた。自分たちを電機メーカーと呼んでいるようではダメだ。

私は私のアプローチが通用しない、冷静沈着なタイプの人は苦手です。そういうタイプの人と当ったときは、私ではなく冷静沈着な人の対応が得意そうな営業担当者に変わってもらいます。誰だって得手不得手があります。不得手の領域で無理して努力する必要はないと思います。自分を追いつめてしまうだけですから。

うちの会社の経費削減は年季の入り方が違います。不況になったからといって慌てて削減したわけではなく、昔から徹底的に削っています。バブル景気でも未曾有の不況でも、そんなことには関係なく、絶えず削って削って、もう、どこをどう削ればいいのかわからないくらいに削ってきています。

日本には「起承転結」という言葉があるにも関わらず、驚かせる部分やクライマックスがなく、ストーリー性がないプレゼンテーションも多い。情報を並べているだけなのです。

自分自身で提案をつくりあげるということをしないと、ものの見方は練れてこないのですが、同時に大切なのは常に自分のものの見方は絶対ではないと思えるかどうかです。

管理職になりたてのころは、上司はこうあるべきだという理想に縛られて力が入りがちです。しかし、課長になったからといって、すぐにマネジメントが上手くなるわけはありません。上司としての自分に自信がないなら、正直に部下に打ちかけるのがいい。「初めての管理職で至らない点があるかもしれないが、そのときは遠慮なく言って欲しい」と。部下も心を開きやすくなり、コミュニケーションもスムーズにいくはずです。

ページの先頭へ