佐治信忠の名言|飽きずに言い続けることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップが「やってみなはれ」と絶えず言い続けること。1回でダメなら10回、それでダメなら100回でも1000回でも飽きずに言い続けることが大事。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事の面白さで、生産性に十倍の差がつくことは珍しくない。

若い人が成長したいと思ったら、何かひとつ自分のテーマをもって、実用レベルにとどまらず、アカデミックなレベルの一歩手前ぐらいまで徹底的に掘り下げていくべきだと思います。私の場合は戦略論でしたが、マーケティングでも何でもいいから、そのくらいの意識で自分なりのテーマを追いかけ続けたら、将来、ものすごい武器になると思います。

「ヒートテック」などでの東レとの協力関係は大成功していますが、そこから学んだことは、我々が持っていない能力を身につけようと思ったら、オープンイノベーションをするしかないということです。ですので、デジタル化に対応するために、物流センター運営で大和ハウス工業、システム構築などでアクセンチュアと、より密接なチームを作ることにしました。

当社の日刊社内新聞「六輪」の内容は、結婚や父親の一周忌などプライベートの報告から、職場の話題まで盛りだくさんです。私に対する批判も載せます。従業員とのコミュニケーションですから、紙面から感情が伝わるようにしています。

辞めた人たちは卒業生として、いい関係を続けたい。いつどこで会うかもわかりません。敵であるより味方のほうがいいですよね。辞める人は、だいたい僕のところへ挨拶に来るんですけど、そのときに「何か困ったことがあれば来てくれ、僕にできることだったら何でもします」と言って送り出しています。そういうことが、僕は大事だと思います。

休憩室での雑談も大事です。仕事の話をするだけでなく、普段興味のあることなどを話題にして、その社員を大事な仲間として理解しようとする。心のこもっていない褒め言葉より、こうしたコミュニケーションを積み重ねた方が、ずっと社員のやる気につながると思っています。

私は講演資料やレポートを締切りの一週間前に一度仕上げることにしています。それは、仕上げたあとも内容が気になって、街を歩いたり雑誌を読んだりするたびに「この情報を追加したら説得力が増す」というように、さらに中身を深めることができるからです。

体調管理も仕事の一環です。私は人前で話すときには朝食や昼食は食べないようにしています。人間は満腹になると油断します。反対に空腹であれば、神経が過敏になり、集中力が高まる。

あいつが悪い、こいつが悪いと、いつも他人の悪口ばかりを言っている人がいますが、母は「他人の悪口を言ってはいけない。他人の悪口はいつか自分に返ってくるから」と言っていました。まさに言霊の教えです。母に言わせると、他人の悪口を言うと運気が逃げるのだそうです。

生活習慣のどこを改善すれば自分のクオリティ・オブ・ライフが高められるか。それを考えることは、ただ身体を動かす以上に大切なことだと思います。

ページの先頭へ