柳井正の名言|ライトノベルやハウツー本を読んで、偉くなったり、本当にいい経営者になった人はいない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトノベルやハウツー本を読んで、偉くなったり、本当にいい経営者になった人はいない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「至誠は天地を揺るがす」ということわざの通り、人間、至誠に終始すれば、絶体絶命の場合には、必ずや強力な支持者が背後に現れ起死回生の果報が授けられるものだ。どんな新事業でも創業から数年の間には、人生なら九死一生の境地ともいうべき危機に遭遇するもので、これは避けられない。かかる危局を打開していくには、ただ経営者の手腕や努力だけで乗り切れると思うのは間違いである。

商社の営業マンのDNAには拡大志向が組み込まれていて、押さえても抑えても突っ走るところがあります。当社の営業マンには、「営業は攻めだけでは駄目だよ。攻めと守りが同時にできて初めて一人前の営業マンになれるんだ」と言っています。守りの基本はコンプライアンス(法令順守)の徹底やリスク管理の実施です。

「誰もがかけがえのない価値を持っている。しかしながら、多くの人はその価値の発揮の仕方と発揮できる場所を知らない。だから、研修がそのきっかけを提供する」これが私の研修における信条です。

時代は容赦なく変化していきます。時代感覚に合わなくなったら社長は辞めるべき。

厳しい仕事をひとつひとつクリアするなかで、むしろ通信事業という仕事が好きになっていきましたね。

大変な時にみんなで時間をかけて会議して、方針を決めることはできません。みんなの意見が平均値となり、平凡な答えにしかならない。そんなことで非常時は打ち破れない。例えば戦争していて、敵が攻めてきているのに一回一回会議はできません。

ナショナルブランドの加工食品などのコモディティ商品はスケールメリットが効くので、中小スーパーも共同仕入れなどの工夫によって安さを追求することができます。しかし、大手との競争に勝つためには、生鮮品や総菜などのライフスタイル商品の魅力が決め手になります。こだわりが必要です。

化学(産業)全体としては、今までもこれからも悪いとは思いません。かつては瞬間的に悪い時期もありましたが、我々の身の回りを見ても、化学という産業が世の中を支えていることがわかります。その意味でも、化学の必要性がなくなることはないでしょう。

人件費や材料費が上がったから値上げするというのは、お客様は一度や二度なら認めてくれるけれど、それを続けていればいつか見捨てられるし、ライバルにも負けてしまいます。だから、コストダウンは言われなくても続けないといけません。

成功体験と失敗体験を、ともに多く積んでいる人と、そうでない人の差はどこにあるのか。それは、ひと言でいえば、チャレンジ経験の差である。チャレンジとは、目の前の壁を乗り越えようと踏み出すこと。そこを首尾よく越えられればいいが、途中でザイルが切れて転落するかもしれない。そんなリスクも受け入れることである。壁を避け、無難な道ばかりを選んでいると、たまたま幸運に恵まれてリーダーの立場に立ったとしても、ともすると裸の王様になってしまう。すると、そこで初めて自分の人間力の欠如を痛感し、若いころチャレンジしなかったツケを払わされることになるだろう。

ページの先頭へ