金丸恭文の名言 格言|企業の成功に欠かせない栄養素は夢

経営資源は「ヒト・モノ・カネ」だと言われています。しかし、人も物も金も持っていなかったIT業界がこれだけ躍進を遂げられたのは何故なのか。私はすべてのものの栄養素、根っこになければいけないものは夢だと思うんです。誰かの夢を聞きたいという人はたくさんいるけれど、夢を語る側に回れる人は少ない。夢は永遠のエネルギーだと思います。

金丸恭文 の経歴

金丸恭文、かねまる・やすふみ。「フューチャーアーキテクト」社長。大阪出身。神戸大学工学部計測工学科卒業後、TKC、ロジック・システムズ・インターナショナル(のちのロジック)、NTTPCコミュニケーションズ、インフォネクスなどを経てフューチャーシステムコンサルティング(のちのフューチャーアーキテクト)を設立。そのほか経済同友会副代表幹事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

行動規範を本気で浸透させるには、それを「評価」と述動させることが重要。評価も行動規範を基準にするという姿勢を見せなければ、人の意識はなかなか変わりません。たとえば社長賞では、行動規範をいかに実践したかを最大の評価基準にしています。

どんなに頭が切れる経営者でも、初めて聞く内容はなかなか頭に入ってきません。頭に入らなければ、興味を失ってしまいます。自分の仕事やその分野についてまったく知らない祖母に説明するくらい、平易な内容にしてちょうど良いのです。

継者候補には「自分のようにやると失敗する」と言っています。僕は創業者でCEO(最高経営責任者)だから人々が言うことを聞くんですよ。同じことを後継者が言ったら誰も聞かないですよね。歴史を全部知っている僕より強いことをやろうと思ったら、チームを作るしかないでしょう。

我々の世代は「働く」の反対語は「休む」である。ワークの反対はレスト、これでは創造的ではない。ワークの反対はプレイ。そして、この二つが両立してこそ、新しい文化が花開く。ワークを一生懸命にやれば、プレイも命がけでする。それが若者ではないか。

勉強というのは「会計士になりたい」とか「デザイナーになりたい」といった、やりたいことを実現するために行うものです。だから勉強しないのは、やりたいことを諦めることでもあるのです。やりたいことを諦めてつまらない人生を送るほうがいいのであれば、勉強する必要なんてありません。

部下が自分の役割として、すべきことをしていないとき、いい加減に取り組んで判断を間違えたときは、真剣に叱りました。チームとしていい方向に導き、目標を達成するという使命がありますから。当時の部下から「怖かった」と言われます。

当社は設立45年の歴史があるだけでなく、一度車を仕入れると売却せず長く貸し続けます。だから中古車市場と競合しないため、自動車メーカーからの信頼は厚い。他社よりうちには安く売ってくれるのです。法人契約が多いので、平日もコンスタントに需要があるし、しかも長期契約だから、ある意味リース業にも近い。仕入れ値が安く、高稼働率だから低料金に設定できる。これが次の需要を生む形になっています。

日本企業は有能なマネジャークラスへの報酬が低い。年功序列報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、無能で貢献度の低い人間が、入社間もないけれども有能で多くの仕事をこなしている人間よりも多くの報酬を得ている。これは能力を自負する人材にとっては我慢できない事態で、このため日本企業では仕事のできる人から辞めていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。

輸出を拡大するためには工夫が必要です。例えば軽油を船に積んで東南アジアのターミナルに運ぶとします。大きな船に積めば積むほど運送コストは下がります。ただ大量に積んでも1つのターミナルには入りきらない。かといってあちこちのターミナルに運ぶのはナンセンスです。効率が大きく悪化しますから。そこで相手が必要とする製品とか、ターミナルにあるタンクの空き具合を考えて、軽油やジェット燃料、灯油など様々な製品を大きな船に混載して運ぶようにしました。顧客からすれば、一度に必要な製品がそろうわけですから、大変喜ばれました。こうした取り組みも競争力に直結するわけです。

赤ちゃんがこの世に生まれ、毎日、劇的に変化しながら成長を遂げる様子を思い出していただきたい。昨日できなかったことが今日は簡単にできるようになる。大人になっても人は成長できるはずである。人間は変化することを通じて成長するのだ。

ページの先頭へ