孫正義の名言|「勝ちぐせ」をつけなくちゃいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対に勝つのだ。「勝ちぐせ」をつけなくちゃいけない。一度勝ったら勝ちの味がわかる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「自分はあれをやったんだ」と自慢しても大して気持ちよくない。でも、「うわあ、スゴイクルマをつくったね」と褒められれば、本当に気持ちがいい。

経営学では、新しいアイデアを生み出すためには、親しい人と強い結びつきを持つよりも、広く浅くいろいろな種類の人と弱い結びつきを持ったほうが有利と主張されます。なぜなら新しいアイデアは、知と知との新しい組み合わせによって起こるからです。

私は若いときから終始一貫、会社のために何ができるか、会社にとって一番いいことは何かを考えて仕事に取り組んできた。自分のためより会社のためのほうが、ハードルははるかに高い、だからこそ、やらなければならないという使命感が生まれ、それが仕事に迫力をもたらすのだ。

現場に行って話をすると、この事業部は明るいな、あるいは暗いな、なにか課題があるなということを直接感じます。

ポピュリズムが蔓延しているといわれるが、私はそうは思わない。メディアが多様化し、読者・視聴者にはそれを受け取る力、良し悪しを峻別する力が身についていると思うからだ。

提携の発表直後から、上手く行くと言う人もいる一方で、破談になるという声も聞こえていました。お互いが協力してメリットを享受しましょうということですから、資本云々の話は全くの別問題です。皆さん、資本提携から合併というストーリーを作りたがる。それが念頭にあったから、そういう表現になるんですよ(笑)。
【覚え書き|ヤオコーとの提携について】

将棋では、対局後に「今日は完璧だった」「ノーミスだった」ということはほとんどありません。たいてい反省点があります。それを前提にしているので、何事も、あまりにきっちりしたやり方を追求してもうまく回らない、という感覚があるのでしょう。ミスをするのが前提、といったらおかしいかもしれませんが、そういうことも当然あると考えていますし、ミスをしたときに修正ができること、できるだけ動揺せず、ミスの前とあとで同じスタンスで対処できることをいつも考えています。

ページの先頭へ