孫正義の名言|常に道はある

このエントリーをはてなブックマークに追加

常に道はある。「仕方がない」とか、「難しい」とか言う言葉を言えば言うほど解決は遠ざかる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失敗した選手でも、こいつは我慢したら働く、伸びてくると思えば辛抱します。三振して帰ってくる選手の顔をじっと見てみると、悔しい顔をして帰ってくる若い子は見込みがあります。あっけらかんとしているのはダメですね。なぜダメだったのかを考えられる人間には、次のチャンスを与えたいと思います。

教育現場には悪しき平等主義がはびこっている。皆で仲良くというぬるま湯の世界は真の優しさではない。子供達から競争を排除して、いずれ訪れる世界との熾烈な競争で勝ち残っていけるとでも思っているのか。

基礎がしっかりわかっていて肉付けの部分を変えていくのはかまいません。しかし、基本がわかっていない、あるいはきちんとできていないのに「形」を崩すと、それは礼儀作法ではなくなります。移り変わりの速い産業界であっても、決して変えてはいけない基本があるのではないでしょうか。

絶対に潰れないという公務員のような発想ではダメで、みんなで潰れないように頑張っていかなければならない。「トップからそんな話を初めて聞きました」と答える社員は多い。私自身はホテルなど、いつ潰れても不思議でない会社にいて、瀬戸際の経験から訴えているのですが。

国づくりの基礎は人の育成と産業を興すことです。これはどこでも一緒です。我々が会社をどうしたいかと考えるのと同じで、このデザインを考えるのが国のトップです。

仕事で失敗したなどマイナスの出来事があったときはわかりやすいかもしれませんが、意外と見過ごされがちなのは、昇進・昇格時のストレスです。一般的に、昇進・昇格は、みんなから「おめでとう」と言われる喜ばしいことでしょう。でも、昇進・昇格をプレッシャーに感じてしまう人もいます。人間は、うまくいっている時ほど、失敗した時のことを考えてしまうもの。ストレスというのは、こうした喜ばしい出来事にも起こるのです。

先が見えない社会で必要な能力は、ひとことでいえば課題解決する力です。そして課題解決と同時に課題を発見していく力も必要だと考えています。

全国のレンタカー会社と比較しても、お客様にご満足いただけるような低価格を設定できております。それでいて車のグレードはできる限り高いものを揃えるようにしています。いくら安くても商品やサービスの質は落としません。

口頭の報告に便利なのがホワイトボードです。図表やキーワードなどを書きながら説明させると、担当者がその案件をどこまで深く理解しているか、すぐわかります。

どんなに嫌な上司でも、8割くらいは服従している様子を見せていないと、その組織でやっていけません。自分の身を守りつつ、虎視眈々と自分の芽を出せる順番を待てばいいんです。男性は我慢していれば、いつかは順番が回ってきますから。とにかく中途半端が一番ダメです。能力がないのは問題外。変に自己を主張する人も嫌われます。

ページの先頭へ