川村隆の名言|当たり前のことをきちんと、しかし楽観的にやり抜いてみることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

当たり前のことをきちんと、しかし楽観的にやり抜いてみることが大事。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分たちだけで100点満点の解答が書けるのであれば自分たちだけでやればいいと思いますが、できなければ答えを書くのが一番うまい人とやる必要がある。

我々メーカーでは、ブランドイメージを表現する最良の手段はモノです。すなわち商品です。商品への関心、商品づくりのプロセスに関心および意欲を持つことを大事にしたいということが我々の企業基盤となっています。

人脈はギブ&テイクで成り立つものです。こちらのメリットを期待するだけでは虫がよすぎます。

整理のためにメモを別のノートに書き写すという行為は、頭の中の整理にもつながります。時間を置いて少し冷静になって考えると、これは大した情報、アイデアではなかったということもあります。また、いますぐにやるべきことは何なのか、優先順位がつけられます。そしてそれらをみて、自分なりに仮説を立てたことや発想したことを書き加える。するとそこから企画が生まれるなど、気づきや思いつきをより具現化できるんですよ。

歴史に問題解決のひとつのヒントを求めるのは、有効な手段です。古今東西の歴史を調べると、先が見えない状態で正しい意思決定を行ったり、未曾有の危機に直面しながらそれを乗り越えたりといった例が、いくつも見つかります。そういう先人の足跡を学び、参考にするというのは、きわめて合理的だといえます。

さらに良い方法がある。それを見つけよ。

私たちはすべてが思い通りにならないという現実の中で生きております。なかでも、人間関係の悩みは一番ストレスがかかるものです。例えば、自分は何も思ってもいないのに、嫌なことをされたり、言われたり。日々悩んでいる人はたくさんいらっしゃるかと思います。でもこれは、すべての私たち人間に与えられた人生という修行でもあるんです。

大切なのは疑問を持ち続けること。

悪いことがあると次には必ず良いことがあり、そして、良いことがあると必ず次に悪いことがやってくる。この世の中はその繰り返しである。良いことが永遠に続くことはありえない。このことは幾多の歴史書を紐解いても明々白々であるし、戦後の日本経済を見ても明らかなことだ。すべてが順調、好調にいっているときに何かが起きてくる。その何かに備えて常に危機意識を忘れずにいることが大切なことだと思う。

どの時代もみな苦労しています。高度成長期だって、衰退する繊維産業に勤めた人は酷い目に遭いました。みんなが安心してレールに乗れた時代なんて幻想です。

ページの先頭へ