川村隆の名言|常に改革しなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社は、どうしても緩むものです。だからこそ、常に改革しなければならない。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中学校の教科書は非常に良くできていて、日常会話に必要な文法はほとんど学べます。仮定法のようないくつかの高校英語をプラスすれば、会話で使う文法はバッチリです。中学英語の文法の基本をマスターすれば、あとは単語を入れ替えるだけで、さまざまな会話ができます。

厳しい時に守りに入れば利益水準は維持できる。でも、そうではなく、次の投資をしてもう一度回復させるということが重要です。

技術的なことはもう若い人にはついていけないけれど、特許や契約といった法務関係の問題なら、私の方がはるかに経験も知識もあるので、困ったことがあれば時間の許す限り相談に乗っています。

他社がドンキを真似できない最たる理由は、「権限委譲による個人商店主システム」を実現しながら、そのシステムを多店舗で運用しているところにある。ドンキはある意味で、チェーンストア対極に位置する、難解かつ複雑な「属人的」企業であり業態である。だからコピーできない。

福岡という地方にいながら、週刊連載という漫画の檜舞台で描き続けるには、よほど、東京で描かれる主流の漫画とは違う持ち味で勝負しなければならなかったんです。敵とバトルをしない、大きな事件を起こさない、というほのぼの味で漫画を描いたのは、主流の漫画と違う、ここにしかないものを求め続けての結果でもあるのかもしれません。

男は仕事さえしていればいい。こんな理屈は妻には通じないと思ったほうがいい。

リーダーはブランドの価値に極めて注意深くなければなりません。企業経営において、ブランドとは「成長の持続可能性」にほかならないからです。

ページの先頭へ