川村隆の名言|自分が最終意思決定者であることを意識しながら仕事をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の小さなことでも、自分が最終意思決定者であることを意識しながら、会社や人生の様々な場面で、経験を積むことが大事。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商品の販売データの数字を見て、売れ行きのカーブが立ち上がる兆しが表われたら一気に大量に投入し、落ち始めたらすぐに売り場から排除していく。対応が遅れると、立ち上がり時に機会ロスが生じ、落ち始めてから廃棄ロスが生じる。市場の販売データは(販売数が一気に上がって一気に落ちる)ペンシル型に変化することを忘れてはなりません。

私は部下に「悪い情報を持ってきた部下につらく当たるな。よくそんな言いにくいことを言いに来てくれたね、と褒めろ」と常に言っています。悪い情報も含めて、いち早く情報を集約するのがマネジメントの基本です。

ミスがミスを呼ばないようにするには、お茶を飲んだり窓の外の景色を眺めたりして、ひと呼吸置くといいでしょう。それから、私の場合は、ミスをしたという事実を頭から消して、この局面から新たに始めるのだと考えるようにしています。もちろん、同じミスを再び犯さないよう反省はしなければなりませんが、それは対局が終わってからやればいい。実践中はひたすら前だけを見ていることが大切なのです。

どんな勉強がどこに役立つかを、すべて予測することはできません。実際FP(ファイナンシャル・プランナー)になったとき、数字を扱って問題解決をするということで、技術者だった経験がずいぶんプラスになりました。

いつ、趣味や遊びに使う時間があるのかと尋ねられることがありますが、私の場合、何かに凝ると一生懸命時間をつくっちゃう。「時間がない」といっても、好きならいくらでも見つかるものです。

ご褒美というと、多くの人は好きなものを買ったり、おいしい食事をするなど、具体的なメリットが生まれることを想定するでしょう。しかし、それだけでなく、いったんマイナスに下がった状態を平常に回復するのも立派なご褒美になります。嫌な仕事をしなくてはならないときは、その嫌な仕事から解放される自分を強くイメージして、自分の背中を押してあげるのもひとつの方法だと思います。

私たちはどうしても自社の商品を絶対にいいと思い込みがちです。熱意は必要ですが、外部の人には押しつけがましいと思われかねません。客観的かつ効果的な情報を集めて、冷静に説得すべきです。

当社の場合、監督者ほど処分が重くなる。執行役員が処分され、部長や課長は処分なしということも少なくありません。これが任せて任さずの極意です。それだけに、監督者はしっかりと部下を見て育て、部下はきちんと監督者に現状や悩みを報告する。そのサイクルが必要です。

英語学習に近道はありません。しかし逆に言えば、コツコツやれば誰でもTOEICで900点は取れます。語学学校や海外留学をする必要はありません。私は独学でTOEIC990点満点を27回とってきました。たくさん文章を読み、発音を練習し、単語を覚え、忘れたらまた覚える。私が好きな言葉「愚直」にやることが最高の勉強だと信じています。

技術者はとかく、機能を付加することに満足を覚えがちです。足し算ばかりで、引き算できる可能性は、検討すらなかなかしようとしない。いまあるモノをなくすことに、本能的なためらいを感じるからなのでしょうか。

ページの先頭へ