川村隆の名言|人はいつ死ぬか分からないのだから、一日一日を大切に生きなければ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人はいつ死ぬか分からないのだから、一日一日を大切に生きなければ。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

選手一人ひとりのタイプをよく見て、この選手はこういうときには褒めたほうがいいとか、あるいは厳しく言うほうがいいとか、相手によって接し方を考えながら話すようにしています。

人生には、モノが増えて混乱したり、停滞する時期がある。そこで自分を責める必要はない。そんな混乱や停滞を自分自身の選択、決断で乗り切っていくプロセスこそが人生の面白さ。存分に楽しんでほしい。

ある菓子メーカーで発売されている和菓子には、焼き色を出すために当社の熟成蔵出し黒みりんが入っています。こうした提案も、訪問を重ねて顧客の話を聞きだすことによって生まれました。つまり、課題は先方にあるのです。それを見つけ出し、解決のために役に立つ提案をすることが大事です。

「顧客」に対する責任は主に3つあります。1番目は「品質」、2番目は「コスト」、3番目は「供給」。カルビーは、1番目と3番目は大変よくできていた会社でしたが、2番目ができていなかった。だから、2番目のコストを改善したら、業績が良くなった。実に簡単な理屈なのです。

イノベーションを起こしていくということが企業としての成長に欠かせない。我々の定義するイノベーションは、技術革新という意味ではありません。新しい付加価値を創造して、お客様が「コマツとビジネスをしていれば、仕事の仕方を始めワンステップ成長できる」と感じていただけるようになることを指しています。

走ることは自分との戦い。現状を知り、自主性を育むためにも、自ら目標設定することが大事。

夜の自由な時間では、社内との付き合いと社外の付き合いのどちらに重きを置くべきか。これは意見が分かれるところですが、私は社外の人との付き合いを大事にすべきだと考えています。

かつて「縁」と「恩」を感じた人は、特にリスト化して定期的に連絡を取っています。後から喧嘩をしようが何をしようが、縁は縁だし恩人は恩人。こちらが大事にしていれば、そっぽを向く人はあまりいません。こういう人は、損得抜きで見返りを求めない客観的なアドバイスをしてくれます。

社外取締役を入れるなら、株主の代表に来て欲しかった。投資家に「面白い」と言ってもらえる筋のいい戦略ストーリーを作るためだ。

いやー、もうそれは、アニメファンの人のポピュラリティ(ウケるもの)は、メカと美少女ですね。それが永遠のポピュラリティ。アニメファンの男にとってのポピュラリティは、それ以外はなんにもないわけで。とにかくメカと美少女さえ出てれば、基本はOKですよ。もう30年来以上、延々と変わってない。宮さん(宮崎駿監督)の時代からなんにも変ってない。宮さんだってメカと美少女。エヴァにしてもメカと美少女ですよ。自分もそうだからわかるけど、やっぱりメカと美少女だと思うんですよ。

ページの先頭へ