川村隆の名言|上司がいい仕事をくれなかったら、パッと辞められるくらいの実力を磨けばいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

辞めたい人は、辞めた方がいい。今は、「1つの場所」で働く時代ではありません。財務やマーケティングなど「ある分野の専門家」になることが、会社員になる1つの目的になると思います。例えば、日立で財務の仕事をしていても、次は海外の別会社の財務部門で働いてもいい。上司がいい仕事をくれなかったら、パッと辞められるくらいの実力を磨けばいいと思います。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

『水曜どうでしょう』はあくまでマイナーといえばマイナーで、観たい人が観る番組なんです。でも、そこに嘘がないから笑える。視聴率を取るために策を講じるということがあまりなくて、面白いと思うことをストレートにやっていたから、結果的に視聴率がとれていたのです。

ローデ・シュワルツは未上場のプライベート・カンパニーです。「投資する余裕があるなら配当に回せ」という株主や、短期的な業績だけを見て「リストラせよ」という株主はいません。研究開発を含む投資を長期的に確保し、お客様にとって価値のある製品を継続的に生み出し続けられる会社であるというのは、当社を選んでいただくうえでの大きな理由になると考えています。

社会に貢献しないビジネスは長続きしません。なぜなら、自分の欲を満たすためのビジネスは、いつか欲望が途絶えてしまえば終わりだからです。人のため社会のためだと思えばこそ、困難も乗り越えられますし、世の中をもっと良くしたいという欲も出てきます。

ブームを終わらせないために、ブームを大きなトレンドにしていく必要がある。日本人のライフスタイルに影響を与えるようなトレンドにすればブームが終わらない。

相手の話す英語がわからなければ、「わからない」「もっとゆっくり話して」と遠慮なく言えばいいんです。それでもわかるように話してくれないなら、相手が一緒にビジネスをする気がないということです。これは英語以前の問題です。

社長になってから一番苦しかったのは、リーマンショックです。直前の2008年3月期は過去最高の業績で、水ぶくれのように大きくなっていただけに、落ち込み方も激しく、受注が大きく減少しました。いくらうちが多様化していても、全産業が低迷となればどうにもなりません。そこでまず身の丈に合った組織とコスト構造の再構築を目指しました。

任された役割を、何でも引き受ければいいわけではありません。ときには「できません」と断る勇気も必要です。「大変ありがたいお話ですが、いまの私にはまだ荷が重いです」と断ることで、信頼の崩壊を予防することが必要な場面もあります。

様々な役割を「重圧」とは受け止めず、新たな体験やポストを面白がりながら仕事をこなしていく。そうした姿勢が「森山になら任せられる」との評価につながっていったのではないでしょうか。

競合商品との戦いに勝ち抜くためにも、よきものづくりに徹することが大切です。その際に重要な点が一心不乱の姿勢で臨むことです。私がそう言うのも、長年勤務していた素材開発研究所の現場は相反する要求を次々と突きつけられる厳しい職場で、生半可な挑戦ではとてもその要求をクリアできなかった経験があるからです。実際に一心不乱に取り組まないと無理ということが多かった。

終戦から2日後の8月17日、社員一同に対し僕は3つのことを伝えた。

  1. 愚痴を止めよ。
  2. 世界無比の三千年の歴史を見直せ。
  3. そして今から建設にかかれ。

ページの先頭へ