川村隆の名言|外部の視点を取り入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

社内の内部論理だけで意思決定していると、「本当の姿」は案外見えないものです。だからこそ、外から自分たちを眺める必要がある。その1つが、外から目を光らせる機関投資家や、社外取締役でグローバル経営の経験者なら、話を聞けばすぐに、その会社の欠点が分かるものです。社内の人間は「ろくに会社のことも知らないくせに」と批判するでしょうが、実は彼らの指摘は当たっていることが多い。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

働いたお店が軌道に乗らないのを目にして、メニューやコンセプトづくりの大切さを痛感しました。また、お菓子作りに加工品が使われ、添加物を入れるのも、私には受け入れられませんでした。健康にもよくないし、材料の選択や下ごしらえから、ちゃんと自分でやりたかったのです。
【覚書き|自分の店を開店する前に洋菓子店やカフェで働いたときを振り返っての発言】

なんの宗教も持たないよりは、たとえいかさまでも宗教を持っているほうがはるかにいい。

ずっと同じ作業をしていると脳は退屈によって疲れてしまい、作業効率が落ちることがわかっています。だから休みを取ったほうが、むしろ効率がいいのです。

迷いがあるからこそ、成長もあるわけですが、やりとげたい夢や目標があるなら、どうでもよいことには翻弄されないように心がけたい。

失くしたものばかりを思っていたらうつになります。不景気、不景気と言うけれど、揚げたてのアジフライとキャベツの千切りがあって、生ビールを飲めたらそれで幸せじゃないですか。

私はこれまでの人生で何度となく逆境に遭遇してきた。その都度、自ら知恵を出して逆境をはねのけてきたわけだが、本当の知恵を出すために、私はなぜ、なぜ、なぜと何度も「なぜ」を繰り返す。すると、最終的には商売相手や消費者の「望み」にたどり着くことになる。

テレビはいわば、最大公約数の仕事なんです。視聴率を上げるために、子どもからお年寄りまで、誰もが楽しめるものをつくる。だからいつも大衆を見ているんですよね。そんな仕事をする傍らで、劇団への憧れがあった。つかこうへいさんや野田秀樹さんといった方々の舞台ですね。本当に好きな人がわざわざ時間を割いて、お金を払って見に来てくれる。本当に人が熱狂するものをつくりたいと思っていました。
【覚え書き|AKB48劇場を立ち上げた理由について語った言葉】

ページの先頭へ