川村隆の名言|健全な形で存続することは、企業にとって最も大切なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が大きくなってくると、存続すること自体が社会的意義につながってきます。健全な形で存続することは、企業にとって最も大切なことです。日立グループは今、全世界で約33万人の従業員を雇い、約37万人の株主に支えられています。社会的責任は非常に重い。会社の健全性を保つためにも、事業の再構築が欠かせない。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

伝統的な日本の幸せのイメージだけでは危ないし、その通りに生きていたら、自分や自分の愛する人を守れない時代になっている。でも、それをポジティブに考えて、過去に囚われず、人生の選択をして欲しい。

幸福とは何でしょうか。それは充足感です。何もかも満ち足りた気分になったとき、それが幸福なのです。しかしその成分は泡でできています。ほんの短い時間、一瞬で消えてゆくものです。でもそれだからこそありがたみがあり、貴重なんのとしての値打ちがあるのです。もし幸福感が絶え間なくずっと持続したとしたら、人間はしまりのないボケーッとした薄らバカになってしまうでしょう。

多くのお金持ちも教育については熱心ですが、普通の人と違うのは、意識しているかいないかは別として、子供たちが将来お金に不自由しないように教育をする傾向があることです。そして、そのための投資は惜しみません。

今後は、人々が集まって観たいというコンテンツと、自分ひとりでいいやというものに差別化されていく。

脳を活発化するには弱点を克服したという成功体験を持つこと。私の弱点は人見知り。克服した頑張った結果、いまでは初対面でも普通に対応できるようになりました。

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。

得られる情報量から言えばメールは貧弱で、最も豊かなのは直接顔を突き合わせた関係です。情報量が乏しいメール頼みでは十分なマネジメントはできません。メール頼みで部下の人数も増えた結果、ベースとなる上司と部下の人間関係が構築できていないのです。

毎度のグダグダな酒のつき合いは一度きっぱり断ってみよう。丁寧に「今日、行きません」と言えばいい。もし、「なんでだ?」と聞かれたら、「我が社のために」をつけて返そう。「我が社の発展のために、合コンで若い子の情報を仕入れてきます」とか、「我が社の発展のために、スキルアップに行ってきます」とね。わかっている上司なら一目置くはずだよ。

若い世代には、もっと自分たちの国の伝統文化を大事にしようという発想を持って欲しいし、自分たちの国の文化や歴史を知ることで若者に自信や誇りを持って欲しいと思います。それがベースとなり、その基本を大切にして、世界に発信していくことが必要なのではないでしょうか。

みずほフィナンシャルグループには、支店長公募制度もあります。従来だと、40歳を過ぎないと支店長になれませんでしたが、いま一番若い支店長は36歳で就任した人です。自分のなりたいものを明確にイメージし、そこに向かって果敢にチャレンジする枠組みをつくっています。

ページの先頭へ