川村隆の名言|日本の経営者は「捨てる」ことが苦手な人が多い

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の経営者は「捨てる」ことが苦手な人が多い。人材の再配置といった場面では、特にそうした傾向が強いようです。しかしそのまま放置しておくと、会社は潰れてしまう。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自社と他社とを比較して、「自分たちの商品は90点、他社は80点程度だから自社のほうが勝っている」と思っても、それは売り手側の勝手な思い込みであって、顧客から見れば評価は大差なく、どちらも70点程度かもしれません。

私は常に新しいことに取り組みたいという考えを持っていました。不動産業の常識を打破するために何ができるか、その解がITと不動産をハイレベルで融合し、イノベーションを生み出す事だったのです。

人のマネをして小さいことをやっても、お客様には来ていただけない。

「技術の開発力と適用力」「営業の企画提案力」「現場における生産性向上力」の3つの力が必要だと私は考えています。

人間の喜びも悲しみも愛も感動もすべてを表現する写真は、人間にとってなくてはならないものであり、長年のお客様のご愛顧にお応えするためにも、写真文化を守り育てることが当社の使命と考えています。

守りも必要です。でも、守ってばかりいては先に進めません。失敗することがあるかもしれませんが、そのときはそこから学べばいいのです。

通常、大手メーカーの家電は大型量販店で売られていますが、「店頭に出た途端に値引き」というのが当たり前になっています。それでは、作り手のモチベーションは一向に上がらないし、業界も健全ではありません。その状況をなんとか変えたいと考えました。それで、ライフスタイルショップやセレクトショップなどを主要販路としたのです。

英単語はウェブで覚えるのが一番です。シェークスピアを読んで、この先一生使わない単語を覚えるのは愚の骨頂です。テキストとしては、CNNやニューズウィークのサイトが最適です。アメリカではいずれも中間層向けのメディアなので、内容も難しくありません。それらをポップアップ辞書(カーソルを合わせるだけで表示してくれる辞書ソフト)で読めば、頻出する重要単語ほどすぐに記憶できてしまいます。いちいち単語帳をつくるような無駄なこともしなくていいのです。

どのような関係においても、時に対立する利害関係を乗り越えて、共存共栄して行かなければ成長はない。

自分で自分の枠や限界線を決めちゃうと人はそれ以上伸びない。自分の可能性は図々しく持っていていい。

ページの先頭へ