川村隆の名言|厳しい環境で鍛える

このエントリーをはてなブックマークに追加

特に、海外は鍛えられます。海外で小さい会社のトップをやっていると、いろいろなことが起きる。年末にキャッシュが足りずにボーナスが払えない、でも銀行はカネを貸してくれない。そんな厳しい環境を経験した後、本社に帰ってくればいいのです。「タフアサインメント(困難な課題を割り当てられること)」を経験していないと、社長は務まりません。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アウトをひとつ取る難しさを最初に味わい、その重みを感じながらやってきた。

僕は高齢者の手本となれるように自分自身が若々しく、健康であり続けたいと思っています。10年たっても外見が変わらなければ、南雲の提唱する医療は正しいと信じてくれるはずですから。

よくいわれる精度などの細部に対するこだわりだけでなく、商品トータルとしての「圧倒的な完成度」に対するこだわりが、多くの日本メーカーに欠けてはいないだろうか。

大手にしかやれないことと、僕たちのような小さな組織だからこそできることで、社会的には役割分担をしている。そんなふうに考えています。

学生アルバイトの身分でありながら、マンションオーナーとの折衝時には大手銀行の支店長を交えて商談を進めていました。ゼロから銀行に入ることには、すでに大きな魅力を感じなかったのです。
【覚書き|内定していた銀行を蹴って学生情報センターに就職した理由について語った言葉】

条件を定め、捨てるものは捨て、残すものは残す。決断が早ければ、早く先に進むことができる。これは野村の一貫した方針です。

井上英語で私の学び得たものは、(1)全国規模の広告に対する統計調査、(2)蓄音機の大量発注によるコストの低下、(3)善意の大衆相手の月賦は貸し倒れが出るものではないという事実である。これらの経験は、後年、日本で最初のミシン月賦企業に参画したとき、何ものにも代えがたい大きい認識の土台となった。
【覚書き|通信教育会社「井上英語講義録」の経営立て直しを友人に頼まれたときを振り返っての発言】

ページの先頭へ