川村隆の名言|緊急事態では、自分の頭で考え、判断し、自分の責任で行動しないといけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

マニュアルを守っても、機体が墜落してしまってはどうしようもない。緊急事態では、自分の頭で考え、判断し、自分の責任で行動しないといけない。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自らを清められない者は、周りの者を清められない。仏教では掃除のことを下座行といいます。下座行の中でもトイレの掃除が大変ですが、そこに身を置くと他の仕事はすべてありがたく感じてしまいます。

英語学習ができない言い訳に、「時間がない」という人もいますが、それは優先順位の問題です。自分の中で、学ぶ必然性を感じていないからです。英語を使って何がしたいのか、なぜ今学ぶべきなのか。自問自答を繰り返し、肚に落としてから学習に取りかかるべきです。

無言で傾聴するのではなく、気になることがあれば、質問することが大事。適切な質問を挟むことで、相手は「自分に関心を持ってくれている」と感じられる。自分が尊重されていると実感できます。すると部下も本音を言いやすくなり、仕事上の問題の共有も進んで、解決しやすくなる。その結果、チームとしてのパフォーマンスも上がる。

現在ではインターネットという便利なツールが普及していますが、最初からネットでリサーチするのはお勧めできません。検索ワードを選んだ段階で、すでに自分の思い込みが入っているからです。そうすると、集めたデータが偏ったものになり、リサーチが失敗する確率が高くなります。

自分の20年後を見越して今から仕込んでいくべき。例えば、世界中を見てくることでもいいですし、あるいは何かの仕事を実際にやってみることもいい。いろいろな人に会うこともいいですし、尊敬できる人に会えれば、それは素晴らしい糧になる。

物事を異なる角度から捉えるクセをつけるには、「仕事で重要だと考えていることを、あえてやめたら、どうやってカバーするか?」を考えても良いでしょう。たとえば、営業の仕事をしているなら、「客先訪問を一切やめたとしたら、どのようにカバーするか」と考えてみるのです。すると、「テレビショッピングのように、公共の電波を使って一斉に営業する」「毎日電話をして、サポートする」などと、新たなやり方が見えてきます。

人生100年の時代に到達しつつあります。これまでは「長時間」働くことがビジネスパーソンとしての価値でしたが、今後は「長期間」働くことが重要。

よく「美味しさの秘密は?」と聞かれますが、要は本物をつくればいいんですよ。

善に基づく「不滅の正義」。その「公正な普遍の法則」への揺るぎない信頼が、人生の成功を導く鍵といえます。

システムの内容は完全に弊社オリジナルで、15回ぐらいの仕様変更、改良を行ってきました。クラウド型のシステムにした理由は、弊社内でIT要員を抱える必要がないため。構築やメンテナンスはすべて外注しています。実際のところ、システムの導入により、業務上の手間は半分以下に減ったと試算しています。

ページの先頭へ