川村隆の名言|ずっと同じ会社の中にいると、会社の課題はなかなか分からない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずっと同じ会社の中にいると、会社の課題はなかなか分からない。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

死がいかなる場所において汝を待ち受けているか不明なり。ゆえに、いかなる場所においても死を待ち受けよ。

システム化が一見合理的なようで怖いのは、システム化が計画に基づいてなされるためである。計画は想定外の事が起こると機能不全に陥る為、システムも想定外の事態では対応不全に陥る。事態が急を告げた時に慌てないため、変化に柔軟に対応できるシステムを常々意識した組織構築をしておかねばならない。

いつも山手通りを歩きながら、噺を口に出して仕上げます。中井から要町まで往復で1万歩、歩きながら口演する。しっくり来なかったら帰ってパソコンに向かい、文章にしてみる。これを10日、繰り返すと噺が出来上がります。

ミスは誰にでもあります。ミスしたこと自体は早く忘れて、仕切り直す。ミスをしないようにと、そればかりをあまり真剣に考えるより、次の一歩を踏み出すことが大切。

最近の若い世代の人々は、「お金」も「ポスト」も、モチベーションエンジンにはなっていません。この豊かな時代において、「給与を得て食べる」ということ以外の意味を仕事や会社に求めているのです。また、出世やポストアップそのものに対する関心も薄らいでいます。人材の流動化が起こり、転職が普通のものとなる時代になりました。一つの組織内でポストアップを目指すよりも、自らの市場価値を高めるキャリアアップに注目しています。

「僕はシャイなので話が苦手で……」なんていう言い訳を私は信用しない。コミュニケーションというのは、その気になって努力すれば、誰だって上達する。うまく話せないのはシャイだからではなく、「自分はシャイだ」と屈理屈をつけて、努力することから逃げているだけだと思うのだ。

リストラ候補になる前の私は、上司の指示をこなしさえすれば定年まで会社にしがみついていけると思っていました。でも、リストラ勧告を受けて目が覚めたのです。これからのサラリーマンはプロフェッショナルでなければ生き残ることはできないと思います。

グローバル化のためには、文化や国教というものを超えたダイバーシティー(多様性)そのものを受け入れる素養が必要です。

我が社では、設立前に「世界一のエクセレントゲームメーカーになる」という目標をつくりました。この目標を達成するために、日々いい製品をつくって売る。極端に言えば、それ以外のことは何も考えなくていいのです。

大きく失敗したくないなら、チームに一人だけ女性を入れて「女性目線を取り入れた」と言えばいい。しかしまったく新しい商品の開発を目指すならば、メンバー全員を女性(や素人)にするぐらいのチャレンジが求められます。

ページの先頭へ