川村隆の名言|海外とのやり取りが増えれば自然に変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の会社は社内の意識が、閉鎖的になりがち。最近、いい方向に向かってきたのは、日本の会社の2割ぐらいがグローバル企業となったからではないでしょうか。海外とのやり取りが多くなり、自然に変わり始めている部分もある。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ユーザーの都合を考えていくと、ハードだけではなくソフトのサービスに行き着くはず。たとえばコンビニは、ただの販売業をサービス産業に変えました。同じように不動産賃貸業もサービス化してきているのです。

ビジネスは面白いゲームだ。最小限のルールで激しい競争がある。点数は稼いだ額で決まる。

過去の成功体験を引き合いに出すのは、昔の流行歌を今の時代に歌うようなものです。

いま私にあるものは「石油報国」の一念だけである。先年、いち早く石油化学に手を付けたのも石油製品の対米輸出に乗り出したのも、とどのつまりはこの石油報国につながっている。

昔から技術継承は仕事が終わってダラダラしているときに行われたものだ。年寄りは家に帰ってもすることがないので、若い人の面倒を見る。そうやって技を教えたものです。ソニーのときもそうだった。

誰が担当しても同じクオリティ、同じ性能のものがいつでも提供できるような体制にしなければならない。「チームで動き、チームで勝つ」ことをモットーに、これまで培ってきた大手企業やエンドユーザーに信頼される技術力、問題発見および解決能力、それに創造力といった人間力の大切さを、若い世代に伝えていきたい。

僕はサッカー選手として能力だけ見たら本当に凡人です。小さい頃から「世界一のサッカー選手になる」と言ってきましたけど、そのときいつも周りには自分よりうまい選手がいたので、「おまえには無理だ」と言われ続けた。だから、本田圭佑の反骨心は、もしかしたら人よりもコンプレックスとして、強い。

僕は創業メンバーに全幅の信頼を寄せています。だからこそ、困ったときは、なりふり構わず「助けてくれ」と彼らに言います。

日常生活に運動を取り入れるポイントは、弱い意志でも続けられる軽いメニューにすること。無理して重たいおもりを上げる必要はなく、ストレッチをするだけでも違ってきます。

我々長期投資家は株価低迷時も逃げることなく、しっかり選別投資していた。ずっと買っていたから、とんでもない追い風を背に運用成績を一気に伸ばすことができた。

ページの先頭へ