川村隆の名言|成長が止まった古い事業に見切りを付け、そこに投資していたヒト・モノ・カネを、伸びる事業に移していく

このエントリーをはてなブックマークに追加

成長が止まった古い事業に見切りを付け、そこに投資していたヒト・モノ・カネを、伸びる事業に移していくということを継続的にやっていくことが必要。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々は常に時代の変化に対応して生きてきた。創業当初からそういう考えで来た。

職人の中から芸術が生まれて、芸術家といわれる人の中からは、芸術は生まれてきません。

悲観的に考えて、楽観的に行動しろ。最悪を考えて準備したら、あとはうまくいくと思って明るくいったほうがいい。

ハウステンボス再建1年目は集客の伸びを重視し、料金を安く設定しましたので、特に海外からのお客様が伸びました。2年目は、これ以上の集客は難しいと判断し、客単価を上げる戦略へ切り替えました。そのため集客の伸びは抑えられましたが、客単価の向上に伴い、結果的に売り上げの前期比は1年目の130%に対し2年目は135%となったのです。

上司からのいじめ問題では、いじめている上司が部下をいじめていることに気がつかないケースが多い。無意識のいじめのほとんどは「自分も昔、上司から厳しくされたことが自分の成長につながったから」という上司の心理状態が背後にあり、「部下のため」にとった行動が、いじめの元凶になっている。

これから日本が世界で勝負していく武器となるのは科学技術や文化だと思います。その意味において、茶道が持つ役割は今まで以上に重い存在になると考えておりますので、積極的に貢献していきたい。

英語を話せなくても、社員を海外拠点に行かせます。仕事に必要なレベルなら、本気でやれば1年で身につきますから。

部下が気軽に声をかけられる状況をつくり出すことが重要です。常にこちらから話しかけ、部下から正確な情報を引き出すことができなければ、いつの間にか裸の王様になってしまいますから。

日本全国、あるいは世界から来ていただくためには、オンリーワンかナンバーワンのものにしなければならないと考えました。オンリーワンだと他はやっていませんから、そこに集中して再生してきた感じです。

金持ちか貧乏かは、顔を見ればわかる。顔には心理が表れる。ネガティブなことばかり言っていれば嫌な顔になる。次第に誰も寄りつかなくなり、お金も集まらない。

ページの先頭へ