川村隆の名言|世代が代わっても、リスクを取って成長を模索できる人を組織的に育てる仕組みが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

創業者がまだ経営している会社はいいんだけれど。創業から100年近く経過して創業者がもういない会社は世代が代わっても、リスクを取って成長を模索できる人を組織的に育てる仕組みが必要。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は、いつも高い意志や意欲を保ち続けることができるものではありません。やる気が高まっているときもあれば、低いときもあるのが自然です。そこで意志や意欲だけに頼って物事に取り組もうとしたら、その都度、意志や意欲が高まってくるのを待たなくてはいけません。当然、そう都合よく意志や意欲は高まりませんから、その結果、先送りしてしまうことになるわけです。ですから、先送り体質を改善して、「すぐやる人」になりたいと思うのならば、意志や意欲を頼りにしないことが第一です。やる気に満ちた日でも、そしてあまりやる気が起きない日であっても、淡々と物事に取り組めるようになるのを目標にするべきなのです。

真実を語る、誠実に伝えるなど、収録の中で大切にしていることは何点もあります。しかし一番大事なのは、お客様の目線で自分の心から思うことを伝えていくこと。

緊張感が足りないときは、瞑想して集中力を高めます。ビジネスの世界はあまり詳しくありませんが、ある有名企業では職場に瞑想ルームを設けていると聞きました。きっと演技も同じ。ちょっと目を閉じて情報量を減らしてあげるだけでも効果があります。

企画がいつも同じと批判されるけれどその通りです(笑)。偉大なるマンネリの先にエンタメの王道はある。水戸黄門みたいにね。

私は新聞を読むとき「炭素繊維」とか「樹脂」という、弊社の製品に関連のあるキーワードを含む記事を集中的に読みます。そうすると、やはり重要な情報がピッと引っかかってくる。雑誌もテレビのニュースも、すべて自分でテーマを決めて、大げさにいえば研究対象としてみるようにしています。

もし、どうしても体や心が限界だと、いよいよ拒否反応を示したら、その時は辞めればいい。それまでは心身がキツくても、「いい副作用」があると思ってやり続けてたいですね。見切りをつけるのが3日目なのか3年目なのかで、自分に残るものが変わってきますから。

相手が喜んでくれるのなら、損の道をゆこう。

ただのサラリーマンとして、与えられた仕事を、如何に自分として取り組み解決していけば銀行のためになるか。それを常に追求して来ただけです。

「入りたい人より、採りたい人」という姿勢じゃないとチームの器を超える人は来ない。

プロにとって最高の環境とは、歩むべき道を自由に選べることでもあります。私たちはむしろ、優秀な人材がここから巣立ち、多様な現場で活躍することを応援しようというスタンスです。

ページの先頭へ