川村隆の名言|出るか残るかは自分で決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

面白い仕事があって、自分も伸びると思ったらそこにいればいいし。上司がろくな奴じゃなくさっぱりいい仕事をさせてくれないとなったら、そこから飛び出せばいい。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

以前「月曜日が来るのが憂鬱だ」と言っている人がいて、驚いたことがあります。僕はオフのときはいっさい仕事のことは考えないようにしていますが、オフィスでは良く働きます。仕事をあまり仕事と思ってやっていないからかもしれません。それくらい、いまの仕事が好きなのでしょうね。

歩合給や昇進は、自分を高めるための手段としてわかりやすいので取り入れています。しかし目的にはなりえません。人が働く目的は、仕事を通じて、エレベーション(自己研鑽)を試みることに尽きます。

いい商品というのは、半分は「お客さんの声」でできています。そして残り半分が技術者の情熱です。情熱とお客の声。ちょうど半々だと商品が動き出します。

私は、「人は将来を予想するのは不可能」だと思っていて、特に自分にはそんな特殊な能力があるとも思っていなかった。だから、近い未来に対して仮説と検証を繰り返し、結果として、絶えず微調整をやり続けてきた。

話が通じない相手と渡り合うには、尋常ではない努力が必要。必死で業績を上げる、非論理的な上司が認めざるを得ないくらい結果を出す、それしかない。

僕が仕事で「口説かれる」場合、次のような言葉には、ぐっときます。「先生の本が大好きで何冊も読んでいます。そこでぜひこんなお話を……」とか「先生のラジオを聞かせていただいてすごく面白くて、そのテーマでぜひ講演を」とか。褒めてくれたり、ファンだなんていわれると「断りづらく」なる。そう。いってみると、口説くというのは、きわめてソフトな「脅迫」みたいなものかもしれませんね。

いったん退却して我々が健全性を保てるところから再スタートするという当時のトップの決断は本当によかったと思います。事業の担当者からすれば、もう一段の資金投下でなんとかなるという思いは大いにあったと思うのです。しかし大切なのは、全体を見回して何が一番いい選択であるのかという視点に立つということなのです。
【覚書き|1995年、米国ロックフェラーセンターに所有していたビルの大半を同社が手放したことを振り返っての発言。木村氏は当時社長秘書だった】

ページの先頭へ