川村隆の名言|意識の問題は相当大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

意識の問題は相当大事。結局、会社は人でできてますから。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中が非常に上手くいっている時代は前例踏襲の方が楽だし、それで幸せでいられました。ところが、いまのようにいろいろな変化が求められている時代には、前例踏襲ではライバルに負けてしまいます。

自分で自分を追い込む姿勢は重要なのです。起業に限らず、すべての仕事をやり遂げる要諦ではないでしょうか。

創業社長の強みというのは、ビジョンを作る過程で真剣勝負をしていること。だからビジョンにも力があるし、組織の中で生きる理念になる。社長が2代目、3代目と代わっていくうちに、立派なビジョンの言葉だけが残り、絵に描いた餅になってしまう傾向があるのはもったいないと思います。

碁は人生の大切なことを教えてくれる。

会社員の方の中には、副業を始めることは本業を疎かにするようだと抵抗を感じている人もいるかもしれません。しかし私の経験上、副業を始めると本業の能率は驚くほど高まります。副業に充てる時間を捻出するためには、本業で求められるクオリティを満たしつつ、無駄な時間や作業を省いていかなくてはならないからです。それは仕事力の向上につながります。

オオゼキのお客様第一主義の典型的な事例にキャッシュバックカードがあります。お買い上げ金額の一定割合を月に一回、現金で還元するシステムです。カードを導入する以前は、レシートを一ヶ月分持ってきていただいて、手計算で現金をお渡ししていましたが、基本的な考え方は変わっていません。景品やポイントよりも現金でというところが特徴ですね。現金なら、お客様は自由に使えます。

僕自身、いまでもネガティブな心の声が聞こえてきます。毎日です(笑)。「生放送で失敗してしまうんじゃないか」とか「講演会で上手く話せないかも」などいろいろ不安な言葉が湧いてきます。そこで心に「ストップ」と言います。一番つまらないのは、プレッシャーや迷いによって自分の、ベストを尽くせないこと。悔いが残ります。

いつも新しいことに取り組むからこそ、心地よい緊張感をもって働けるし、お客様にも期待を超える感動を提供できる。一人一人がそれぞれの仕事のレベルにおいて、少しでも新しいことを取り入れていけるかが、組織全体の仕事の楽しさ、そして強さを左右するのではないでしょうか。

初めは緊張して失敗したっていい。失敗した経験があるからこそ、その経験を糧に成功できるのではないでしょうか。

不可抗力による失言は、人間的な可愛さを前面に立ててフォローするしかありません。私の場合、「申し訳ございません。本日は大変厳しいご指摘をいただく覚悟をしてまいりましたので、緊張して「は」と「も」の順番を間違えてしまいました」と正直に頭を下げました。相手はプッと笑って「そんなに緊張するな」。不可抗力とわかれば許してもらえます。

ページの先頭へ