中込賢次の名言|リストラよりも前向きな効率化を

リストラをして士気を落とすくらいなら、前向きな効率化をしたほうがいい。

中込賢次 の経歴

中込賢次、なかごめ・けんじ。日本の経営者。「T&Dホールディングス」会長。神奈川県出身。横浜市立大学商学部卒業後、太陽生命に入社。市川支社長、宇都宮支社長、大阪西支社長、企画部長、総務部長、取締役、常務、専務、T&Dホールディングス常務、専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アイデアを大きくするには、足したり、掛けたりすることが有効。

定義を変えると、セミナーというやり方もあればコンサルというビジネスにもなる。印刷物がいい方には今までのように出版社として印刷物を届ける。出版物よりもっと詳しく知りたいという方にはセミナーを開く。私たちだけのためにここを詳しく教えてくださいという方にはコンサルとして、情報をお客様にとって価値あるものに、適切な方法で届けられたらいいなと思ってきました。

いま世界は急激に変化しつつある。厳しい経済状況の中での舵取りはかなりの困難を伴うに違いない。しかし視点を変えれば、この状況は海外に存在感を示す大きなチャンスでもある。

相手に話をしてもらうにはどうしたらいいか。準備がすべてです。私は知らない人と会うときは、徹底的に相手の研究をする。生まれ育ちや家族関係、わかる限りのデータを調べます。その人が本を書いていたら、全部読む。保険のセールスをしていた頃はそれが常識でした。

自分だけがよくなろうとしちゃ、ロクなことにはならねぇ。

記憶力を効率的に高めるには、記憶に関わる脳のメカニズムを知ることが不可欠。

生き物のコミュニケーションがこれまでどのように進化して、人に行き着き、それに伴って人の心ができてきたのかを知ると、小さなことにくよくよしなくなり、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。

最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。

「人生には正解はないし、人が何を幸せと感じるかだって、10人いれば10通りでいい」という考え方が僕は好きです。

企業が人員削減のリスクを最小限に抑えるポイントは(1)削減人数の確保(2)労使トラブルの回避(3)コア人材の流出防止(4)残った人材のケアの4つです。

ページの先頭へ