土屋敏男の名言|「数値化されるものを追い求める」だけでは、ビジネスモデルの永続性を脅かす

ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。

土屋敏男 の経歴

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある複写機の営業マンは、その会社のワークフローから人事情報まで、お客様以上に知っているのではないかというぐらいよく知っています。だからこそ、顧客ニーズにぴったり合った提案ができるのです。彼らはまた、お客様の立場になってものごとを考えており、話し方も非常に具体的で明確です。

全身全霊を注げば、問題解決の能力は驚異的に高まる。

医療も発達して、超高齢化社会を迎えています。しかし、できるだけ医療に頼らず健康に天寿を全うするにはどうすればいいのかを、自分で考えて向き合うことが、大切だと思います。

若いときは怠けては駄目です!でも、中年を過ぎたら愉快に怠けるクセをつけるべきです。なんとか食えるようになってから、連載の本数を減らして、世界中の楽園や妖怪の棲み処(すみか)を訪ねる世界妖怪紀行を始めました。いままでに78回も世界中を旅していて、これが私の最大の怠け術です。ときどき怠けることは生きていくうえで大切なことです。そして、仕事でも役立つのです。

メリットがない人間関係というのは続かない。自分とつき合うことはメリットがあると相手に思ってもらう必要がある。

最初の3カ月は惨憺たるものでした。テスト営業の結果は、1カ月の売り上げが数千円という状況で……。しかし、理屈より「英会話のレッスンを格安で提供し、海外で活躍する日本人をたくさん輩出したい」という思いが勝ちました。サイトやレッスン形式の改善など、できることはまだあると感じていたこともあり、勤めていた会社を辞めて本格的に起業しました。

ある銭湯で風呂からあがった人たちが集まる待合スペースの自動販売機の置き方を変えたところ、売り上げが7割アップしました。どういうときに飲み物を買うのか、あるいは買わないのか、じっと行動観察をしている中で分かりました。

我々は「グループ制」と呼んでいるのですが、各校舎の生徒をいくつかのグループに分けます。そして生徒の中からグループ長を決め、グループごとに学習量を数値化した「向上得点」というものを競わせます。成績が悪かったグループのグループ長はメンバーに「次は頑張ろう」と声をかけて、お互いにフォローしながら勉強するのです。このやり方だと、全員の成績が向上していきます。

売れないのなら、開発も加わって原因を検討し、改善の行動を起こします。今はそれがすぐにできる組織になっています。

自慢話は事実を淡々と、失敗話はむしろおもしろおかしく大げさに。

ページの先頭へ