土屋敏男の名言|「数値化されるものを追い求める」だけでは、ビジネスモデルの永続性を脅かす

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。


土屋敏男 の経歴

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本電子開発に入社してから、5年後に、7年間、米国ロサンゼルス駐在員を務めました。ここでの人脈は、当社の創業時に非常に役に立ちました。

当たり前のことができていなくて、失敗しているケースは多々あります。仕事ができる人の成功法則のことを、私は「ABCDの法則」といっています。(A)当たり前のことを(B)バカにしないで(C)ちゃんとやる。それが(D)できる人である。

部下の立場の努力とは、個人としてのパフォーマンスを最大にすることですが、マネージャーや経営者の努力は、みんなのパフォーマンスの総和を最大にすることです。この点がわかっていないと、部下として優秀だった人が上に立っても、失敗してしまいます。

よく世間では先見性という言葉を使いますが、私はこれを全く否定します。例えば、為替ひとつとってみても、1カ月先、1年先は誰も分からないでしょう、とするなら、毎日毎日を細かく見続けて、そして仮説を立てて検証し続けるという、ものすごく地味な作業の連続しかないと思うんです。

虚勢を張っても空回りするだけ。それよりも目の前の仕事を一生懸命がんばったほうが、自分の仕事ぶりをちゃんと見ていてくれる人が必ずいるもの。

もしOEMを委託した企業が仕様書に違反して(工場の苛酷な労働などで)人権を侵害していたとしても、最終的な責任は発注元である当社のブランドに跳ね返ってくる。常時観察する必要がある。

当事者意識が成果につながる。創業家経営者がサラリーマン経営者よりパフォーマンスが良いのはそのためではないか。

ページの先頭へ