高田明の名言|価格以外の部分が大切

価格は一番大きな要素ですが、それがすべてではありません。それは全体の中の8割か9割の要素であって、残りの1割とか2割の部分が重要なのです。私たちは価格のほかに品質、会社の理念などを消費者の皆さんに浸透させていく。それによって安心して買っていただくということを目指しています。

高田明(ジャパネットたかた) の経歴

高田明、たかた・あきら。日本の経営者。通販会社のジャパネットたかた創業者。長崎県出身。大阪経済大学経済学部卒業後、京都府内の機械製作会社の阪村機械製作所に入社。大学時代に鍛えた英語が認められ東欧を中心に数年間海外赴任する。帰国後、翻訳会社設立を目指すも挫折し、実家のカメラ店を手伝った後、独立しジャパネットたかたの前身であるカメラ店を創業。その後、たまたま知人に依頼され出演した長崎放送のラジオショッピングで驚異的な売上を達成し、通販分野に進出することを決断。ラジオだけでなくテレビにも進出し、独特な語り口で多くのファンを得た。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「数字力のある人」と聞くと、多くの人は「会計に強い人」というイメージを思い浮かべるはずです。たしかにいま、会計に関する本は数多く売れています。でも仕事に役立つ「数字力」とは、決して会計リテラシーだけではありません。冒頭で例に出したような「表現としての数字」を扱う能力も、ビジネスパーソンには必要な数字のスキルです。ここでいう「表現としての数字」とは、たんに「事実」を意味する数字ではありません。あえていえば、何らかの「意図」を詰め込んだ数字が、「表現としての数字」といえるでしょう。

山田真哉の名言|数字力のある人とは、会計リテラシーだけでなく、表現としての数字を扱える人


いい本は時間がかかってもいいので、辛抱して最初から最後まで精読すること。飛ばし読みをしてはいけない。いい本は、読んですぐに役に立たなくても、内容が読み手の血肉になって、どこかで必ず生きてくる。

出口治明の名言|いい本は、読んですぐに役に立たなくても、内容が読み手の血肉になって、どこかで必ず生きてくる


最近つくづく思うのは、20代後半から30代前半の5年ほどの間にどんな仕事習慣を身につけたかが、非常に重要だということです。「この5年間がその後のビジネス人生を大きく左右する」と言ってもいいくらいです。とくに40代以降に、圧倒的な差となって表れます。私自身、20代は身体を壊すか壊さないかといった、ギリギリのところで必死にやっていました。

藤原和博の名言|ビジネスマンにとって20代後半から30代前半の仕事は非常に重要


仕事でのノートやメモは、一字一句記録する「議事録」ではないと意識変換をすべきです。一字一句記録したいなら、レコーダーを使えばいいだけの話。書き留めるのはあくまで「エッセンス」のみ。私は一時間程度の商談ならば、メモを取るのは2つか3つくらいです。

永田豊志の名言|仕事でのノートやメモは、一字一句記録する「議事録」ではない


広告の制作において一番大切なのは、作り手側の納得感です。

魚谷雅彦の名言|広告制作で一番大切なもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ