高田明の名言|価格以外の部分が大切

価格は一番大きな要素ですが、それがすべてではありません。それは全体の中の8割か9割の要素であって、残りの1割とか2割の部分が重要なのです。私たちは価格のほかに品質、会社の理念などを消費者の皆さんに浸透させていく。それによって安心して買っていただくということを目指しています。

高田明(ジャパネットたかた) の経歴

高田明、たかた・あきら。日本の経営者。通販会社「ジャパネットたかた」創業者、プロサッカークラブ「V・ファーレン長崎」社長。長崎県出身。大阪経済大学経済学部卒業後、京都府内の機械製作会社の阪村機械製作所に入社。大学時代に鍛えた英語が認められ東欧を中心に数年間海外赴任する。帰国後、翻訳会社設立を目指すも挫折し、実家のカメラ店を手伝った後、独立しジャパネットたかたの前身であるカメラ店を創業。その後、たまたま知人に依頼され出演した長崎放送のラジオショッピングで驚異的な売上を達成し、通販分野に進出することを決断。ラジオだけでなくテレビにも進出し、独特な語り口で多くのファンを得た。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生の大半を会社で過ごすのですから、モチベーション高く働いていただきたいという願いがあります。例えばチームを再構築する「リチーミング」プログラムを導入することによって人材の再活性化やチームワークの向上を促したり、またグループ全体で給付型奨学金制度を完備するなど、社員が安心して働ける環境づくりを目指してきました。何かひとつの制度や施策でガラッと変わるわけではないですが、今後も、いろんなことを試していこうと考えています。

世界一のたばこカンパニーを目指すということは私がずっと前から言っていることです。ただし、この言葉にもふたつのポイントがあります。世間的には、売上高や利益額というのがナンバーワンの定義ですね。実際私もそうだと思います。これは必要条件ですから、満たさなくてはいけない。ただし、それは必要条件であって、自分たちが自信を持って送り出したブランドがお客様においしいと思ってもらえる。そのお客様の数が世界で一番多いことが本質です。

生活習慣病にならないように心がけている人は増えても、うつ病の予防対策を立てている人は極めて少ない。しかし、うつ病に対して何の予防策も取らないのは極めてリスクが高い行為です。うつ病になれば仕事にも大きな影響が出ますが、能力が十分発揮できない社員を雇い続ける余裕のある企業は多くありません。また、休職をするにしても、規定の体職期間が満了して仕事に復帰できなければ失職してしまいます。転職をするにしても、以前の会社と同じ条件で転職するのはなかなか難しいでしょう。なかには働くことができなくて、生活保護を受けることになる人も少なくありません。このようにうつ病は、人生を大きく変えてしまうほどの影響力を持っています。ですから、「うつ病かもしれない」と思った場合には、早めに診察を受けることをお勧めします。

部下が報連相したがらないのは、上司が報連相の双方向性を無視しているからです。

新たな情報を得ることや、状況が変わることで「どうしよう?」と迷うことは、一見ピンチに思えますが、じつは自分の軸を見直してみるチャンスなのです。

できないことを続けようとするから意志の力が必要になる。目標は、決める時と実行する時とでは、感情が全然違うんです。そこがわかっていないから、できない目標を設定し、ムリに実行しようとして意志の力に頼ることになるわけです。

怒りの感情は6秒でピークを過ぎるといわれています。文句をつける前に6秒をカウントしたら、冷静さを少しは取り戻せるでしょう。私はせっかちで6秒を早く数えてしまうので、イラッとしたときは10秒カウントすることを自分に課しています。

伸びている企業は、みんなお客様の視点に立って、お客様が欲しいと思う商品を自分たちでつくっている。だから、その時代、その時代にマッチした商品を開発し続けることが大事。

新しいことに挑戦するのは、やっぱり楽しい。僕にとっては、それが一番のモチベーションコントロールなのかもしれません。

大事なのは、美辞麗句を並べるのではなく、相手の心に訴えかけること。気持ちが伝われば、不器用でも口ベタでも構いません。

ページの先頭へ