粟田貴也の名言|何もしなければ、お客さまを失うことにもなりかねない

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ商圏には競合する外食店も無数にあり、何もしなければ、お客さまを失うことにもなりかねない。


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自力で貯められないのなら、勝手にお金が貯まっていく仕組みを作ればいいんです。節約なら、携帯代や保険料の見直しがいちばん効く。いままでのムダが自動的に浮きますからね。貯蓄なら、積立定期や財形貯蓄を利用することで、毎月強制的に貯金をすることになるのでオススメですよ。

本当にいい技術は構造的に、体系的に説明できるはずです。これができないということは、技術のどこかにムダや無理があります。もちろん、説明の巧拙という属人的な面も多少はありますけれど。「分かりやすさ」は経営にとどまらず、あらゆる仕事の要諦だと考えています。

アプローチをすぐ諦めてしまう部下をモチベートするには、組織的な取り組みだけでなく、上司の個人的な働きがけも重要だ。ただし、こうすれば必ず部下はやる気を出すという万能の方法はない。一人一人やる気を感じるポイントが異なるので、それぞれに適した動機づけを考える必要がある。

物事に100%正解というのはなく、経営者はどこかでリスクを取らなければならない。

マネーリテラシーは、大人になってから勉強しても十分身につくもの。投資の実践を重ねていけば、自ずと鍛えられるものでもあります。まずは少額でも良いですから、投資に挑戦してみると良いでしょう。

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。

気仙沼ニッティングは、零細企業ながらも世界中が知っている企業になるようなブランド力を少しずつ育てています。それが長く続くビジネスになるとも考えています。

ページの先頭へ