粟田貴也の名言|まだまだ認知度を高め、新規顧客を獲得できる余地は十分に残っている

少し前に、認知度調査を実施したところ、それなりの高さはありましたが、100%には到底及びませんでした。そういう意味では、まだまだ認知度を高め、新規顧客を獲得できる余地は十分に残っているのです。その起爆剤になるような仕掛けを、会社の施策として打ち出すのが早急の課題です。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「目の前のことを一生懸命にやる」というのはやや不正確な気がします。問題は、何を、なぜ、どうやるかであって、「目の前のこと」だけ一生懸命にやっていればいいというわけではないからです。

一致団結して、新しい挑戦をしていけば、自ずと新しい人材が育ってくる。

「不快・嫌い」な物事の中に、「自分なりのメリット」を見出す。「単調でつまらない仕事だけれど、これを1時間後までに完璧に仕上げてみよう」「あの人は苦手だけれど、洋服のセンスは参考になるからいいところをチェックしよう」など、自分なりのメリットを見つけ出せば、どんな物事や困難も楽しむことができ、次第に続けられるようになってくるはず。

総務省は公職選挙法や税法、地方自治法などの地方行政制度が中心の役所で、現場の地域づくりは主流ではありません。なかでも僕は若手官僚で唯一実名ブログを書いているので、主流にいる人たちからは疎まれているかもしれません(笑)。でも、直接の上司はかわいがってくれますし、長島町で成果が出てくれば、評価も後からついてくると思います。いまは自分が社会から求められていることをやるのが大事なのかなと考えています。

上司から指示を受けたときに、「でも」「しかし」が出そうになったら、それを押しとどめることが大切です。その代わりに「やらせてください」「やってみます」「非常にチャレンジングな仕事だとは思いますが、やってみます」などといった言葉を口にします。こういう発言ができる人は評価されます。少なくとも、「少しお時間をください。考えてみます」くらいの発言はしておきたいところです。

勝算があったわけではありません。大きな目標と条件を掲げ、それに向かって挑戦してくのが私流のやり方です。

人口減少を嘆いてばかりいても始まらない。人口減のデメリットをいかに抑えながら、メリットをどう伸ばすかを考える方がよほど建設的やと思いませんか。

もし上司が悪かったら、5年、3年とはいわず、即刻転職すべきです。あるいは、会社に上司を変えて欲しいと申し出るべきです。サラリーマンは気づいていない人が多いのですが、上司は最大のリスクになりえます。最も伸びる20代後半から30代前半に言葉は悪いけど、ヘボ上司にあたったら、せっかくの成長のチャンスをふいにしてしまう。前例を踏襲するしか能のない人はもちろん、部下のチャレンジや失敗に寛容でない人も、いい上司とは言えません。

僕は音楽で集中力を高められません。自分のモチベーションは自分でしか高められないと思っています。

新しく人を雇うのは毎回ギャンブルである。採用したのが本当のところどんな人物なのかは絶対にわからないからだ。経歴が立派でも見掛け倒しという人もいれば、経歴はそこそこでも働きだしてみれば素晴らしく優秀な人間もいる。人に関しては保証はないといっていい。だから行動を観察することが性能証明試験となる。

ページの先頭へ