粟田貴也の名言|まだまだ認知度を高め、新規顧客を獲得できる余地は十分に残っている

少し前に、認知度調査を実施したところ、それなりの高さはありましたが、100%には到底及びませんでした。そういう意味では、まだまだ認知度を高め、新規顧客を獲得できる余地は十分に残っているのです。その起爆剤になるような仕掛けを、会社の施策として打ち出すのが早急の課題です。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

出遅れたと思う必要はない。

現場の生々しい実践事例に勝る研修教材はありません。

相手の立場を理解しつつ断ることが大事だと思います。肝要なのは、どのような相手とのつながりを完全に遮断するような断り方をしてはいけない、ということです。

他社は顧客、顧客と口では言っても、結局ライバルを見て戦略を決めています。それは何も発明していないのと同じです。先駆者とはいえません。

数字は目的とそれに向かう手段を結びつけるストーリーを生む。売り上げや販売の数字を目標に掲げて社員を鼓舞する経営者がいますが、それでは人は動かない。数字でストーリーラインを示し、人を納得させることが重要なのです。

最初からマス(大勢)を狙うと、平均点を取る商品はつくれても、それ以上の商品はつくれません。

採用活動は全社一丸となって取り組む必要があります。そのために、経営者自らが社員への協力を呼び掛けてください。各部署の代表をリクルーターとして活動させるなど、人事部以外の社員の協力が不可欠です。採用は企業の命運を左右することを伝えるのが重要です。この点を疎かにすると、会社見学の最中に社員に挨拶を無視されて学生が失望するなどの危険性もあります。

生き残るには、メーカーという本業に磨きをかけ先鋭化・差別化していくことが重要。

DDI設立当初、まるで暗闇の暴風雨の中を進んでいるような思いでした。初めての起業で、何もかもが手さぐりでした。それ以降の起業はDDIの経験があるので、「いま、このくらいまできているな」というのがわかりますが、DDIのときはそれがなかったのですから。

わたしは障害を障害と認めず、一つのチャンスだと捉え、この壁を破れば一段と進化できると思ってやってきた。

ページの先頭へ