粟田貴也の名言|まだまだ認知度を高め、新規顧客を獲得できる余地は十分に残っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前に、認知度調査を実施したところ、それなりの高さはありましたが、100%には到底及びませんでした。そういう意味では、まだまだ認知度を高め、新規顧客を獲得できる余地は十分に残っているのです。その起爆剤になるような仕掛けを、会社の施策として打ち出すのが早急の課題です。


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今までは土地があって賃貸住宅を造って、それで終わりじゃないですか。しかし我々はその賃貸住宅を経営する地主さんと、この建物のままでいいのかという議論をします。そうすると、ここが悪い、あそこが悪いという話が出てきます。それに応え続けることが重要です。これは商業施設、事業施設の事業でも生きています。

情報が蓄積されて、いつでも利用できるようになると知識になります。その知識を再構築することによって、自分なりのものの考え方や思想が生まれてきます。

これまで私は運の研究のために、多くの人にインタビューをしてきた。その結果わかったことは運というものは存在し、運のいい人悪い人が必ずいて、運のいい人はずっと運がいい、運の悪い人はずっと運が悪いという法則があるということ。ただし、運は変えることができる。たまたま出会った人によって運が変わることもよくある。

変化に素早く対応することが大事。変化は進歩、変身は前進。

思いもかけない事が起きた時でも、いちいち悩んでいる時間はない。日常の小さな事に、精一杯の努力で一つ一つ取り組んでいく。あまり先の事は考えない方が良い。

徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。
【覚書き:徳のある人に地位を与え、功績がある人には褒賞を与えろという意味の言葉】

他人への嫉妬が気分を悪くしていることも多いでしょう。そういうときは、こう考えてみてください。「あの人も、自分の知らないところで、大変なことを抱えているんだろうな」。おそらく、実際、そのとおりでしょう。そのことに気づけば、嫉妬も消えるのではないでしょうか。

ページの先頭へ