粟田貴也の名言|仮に受け入れられれば、独占マーケットがそこには存在していることになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

前例がないので挑戦になりますが、プラス思考で考えれば、仮に受け入れられれば、独占マーケットがそこには存在していることになります。
【覚え書き|海外進出について】


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大学院に入る前、ユニクロの店舗で店長をしていた時、ある女性スタッフに昇給面談で泣きながら「どうしてあの子を昇給させて私は昇給させてくれないんですか。今西さんは、私が売り場で頑張っているところを全然見ていないじゃないですか。納得がいかないです」と言われました。後で気づいたことですが、その子はとても頑張り屋さんでお客様からの評価も高かったのです。自分が至らない部分が多いと感じる一方で、目の前には物理的に多くの仕事がある。一人一人とコミュニケーションをとることも見ることもできない。そういった課題を解決する仕組みを見つけるために、早稲田大学大学院商学研究科に入学して在学中に起業しました。

肝に銘じておかなければならない現実があります。それは、イノベーションの先駆者になれたからといって競争に勝てるわけではないということです。イノベーションは良き社会を築くうえで不可欠なのですが、データを直視すれば、先駆者が市場の覇者になる確率は非常に低いのです。

過ちを告白することは掃除に似ている。箒で埃を払ったあとは、すっきりときれいになり晴れやかな気分になる。告白することは、より強くなることなのだ。

レノボの強みはハードウエアで収益を生めることです。それはPC事業で証明済みで、この形をサーバー事業に持ち込む。もちろんソリューションの提供も行いますが、それは、ソフトウエアベンダーやシステムインテグレーターなどのソリューションパートナーとともに提供していきます。

一つの世界を極めることで、新しい世界が開けます。仕事だけではなく人と人との付き合いでは、極めたものがあれば深み、幅になってくる。

時間割をつくり自分でコントロールしないと、結果的に他人にコントロールされることになります。

大切なのは本物の味、おいしさの追求と、時代とともに味わいの出る店づくり。

ページの先頭へ