粟田貴也の名言|仮に受け入れられれば、独占マーケットがそこには存在していることになる

前例がないので挑戦になりますが、プラス思考で考えれば、仮に受け入れられれば、独占マーケットがそこには存在していることになります。
【覚え書き|海外進出について】

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

おいしいお菓子さえ作っていれば商売はうまくいきます。先代の父、豊四郎がそう信じていました。実にシンプルな原理です。もちろん、だからといって、昔ながらのクラシカルなお菓子ばかり売っているわけではありません。お客さんに様々な商品を手に取ってもらおうと、ファッション(流行)性の高いお菓子も開発します。ただ、あくまでもこうした商品は一過性のものだということを念頭に設備投資はせず、既存の設備をやりくりしながら作っています。

センスが育つのは、ほぼ自身の経験でしかありません。センスに依存する経営という仕事は、どうしても景気などの外的要因に左右されやすい。経営陣やCEO(最高経営責任者)の近くにいた経験がないと、難しいかもしれません。

よく見ると、一夜にして起こった成功の多くには長い時間が費やされているものだ。

このクラスのビジネスジェットには仕切りがカーテンだけの緊急用トイレしかなく、それが普通とされてきました。しかし、それでは女性が敬遠します。ビジネスジェットは奥さんが購入に影響を及ぼしますから、きちんとしたトイレも重要です。ホンダジェットではドアで仕切るトイレを設置しています。それも、機内を広く取れたから可能になりました。

どんな優秀なリーダーでも、持っているネタには限りがあります。なのに、部下に毎日のように話をしていたら、すぐネタが尽きて飽きられてしまいます。すると、肝心な時に相手が興味を持つ新鮮な言葉が見つからない、ということにもなりかねません。ですから、少なくともとっておきのネタは、いざというときに温存しておくんです。

講演を行なう際は、出席者全員に事前アンケートをとることにしています。聞きたい話、興味のあること、質問したいことなどを書いてもらうのです。それをみれば、何を語るべきかが明確にみえてきます。また、本番で使うパワーポイントにアンケートで出た質問を挿入し、答えながら話します。こうすれば、個々の出席者の関心事に細かく応えることができます。

人生で一番大事なことは学ぶこと。

十数年前、世界的に有名なヨーロッパの近現代美術館の館長と一緒に食事をする機会があり、「どんな美術が好きですか」と聞かれました。私は日本と東洋美術が専門ですから、「私は現代美術を勉強したことがないので答えられない」と言った。すると彼は「どんな人であっても、美術を鑑賞する資格は平等に持っています。例えばこの壁の絵を見て、好きですか、嫌いですか。好き強らば、どこが好きですか。自分の感覚に従えばいいのですよ」とおっしゃられた。感銘を受けました。何かを嗜むには、勉強してから入るよりも、好きなものから入ってもっと好きになれば、次第に知識と教養は深まります。

以前、私はセンサーを使いオフィスのコミュニケーション状況を調査したのですが、喫煙者が社内のコミュニケーションに大きな役割を果たしていることがわかりました。しかも、喫煙室のすぐ外にラウンジを設置することで、喫煙者と非喫煙者の間でも活発なコミュニケーションが行われるのです。こうしたスペースを設けることで、社内のコミュニケーションを活発化するという手もあると思います。

ある商談の日、朝9時のアポイントだったのですが、ちょうど交通機関が麻痺してしまうほどの大雪が降った日でした。都心から1時間ほど離れたその取引先に、約束時間にたどり着けたのは私だけ。ほかの営業マンは、みんな遅刻しました。私としては、チャンスはこれしかないと思っていたわけですから、とにかく必死です。すると、対応してくださった役員の方が、「よくきたな」と感心されてその日の午後には、商談が成立したんです。

ページの先頭へ